ブログ

集客が出来ない人は導線が甘い

今久しぶりに机の前に座ってメール書いてるんですけど、いやーここ数日忙しすぎて、ツイッターでちょっと呟くことぐらいしか出来なくて。

あと、花粉症かと思いきや風邪だったりで、でもそのシンドいときでも出張があって1日400キロぐらい車で走ったり。

あーあと、新しいレポートも書いてて、このレポートそのものが実は実験だったりするんで、これの裏側とかもどっかでチャンスがあればシェアしたいなって思ってます。

あと、こんなにテクノロジーが発展している時代にあって、そんなにマンパワー使って動いてどうすんの?

って思う人もいるかもしれないけど、俺は逆にそういう時代だからこそ、こうやって足必死に使って動ける人にレバレッジが利くんじゃね?って思って、動いてます。

もちろん、SNSとかコミュニケーションには使ってますよ。

便利なもんは使い所によっては存分使うけど、人との出会いに関して言えば、ガッチリ会って話する。

やっぱり、人と会わないと好きになるのって難しくないですか?

僕は結構そういうタイプで、ネットでこうやってメッセージのやりとりしてるだけだと、どうしても距離感ってのを感じちゃうし、なんだかんだ言っても、このメールも一方通行になりがちで本当は嫌なので、みんなにメッチャ返信してもらいたいって思ってるんですけど、まーみんな忙しいし(多分w)、返信も一回のメールで1人か二人なわけで。

やっぱり好きにならないとその人の事知りたいって思えないし、知りたいって思うからこそより理解が進むし、理解が進めばより信頼が生まれるし、そうすると、お互いの中に「繋がり」って生まれると思うんで。

でも現実問題全員に会うのって物理的に厳しくて、だからって単純に諦めてしまうのは嫌だなって思った結果思いついたのが、この集客の智慧ってわけですよ。

先日から新しい人が入って返信くれてますけど、後から入る人の方が後から入った人の返信も見れるから得だったりするっていうね笑

まあでも、応募した当時のメンバーはメンバーで、やっぱりリアルタイムに僕とのやり取りをやっていたんで、それは後から入った人が得られない部分だと思うんで、どっちもどっちだとは思うんですけど。

今度日本に行った時はたくさんの人に会いたいと思うし、当然集客の智慧に入っている人から優先して会っていきたいし、というのは、物理的な制限があるから、やっぱり会える人も限られてくるので。

でも中々ハードルが高いね、100名って。ちょっとハードル作り間違えたかな?って正直思ってます笑

まあでもいいんですよ、これも後から話すネタに全てなるので。

非効率な事もこれからドンドンやっていって、なんとしてもこの100名は達成したいと思います。

ただ、この100名を達成するための導線がアマアマなので、そこをこれから順々に作っていくつもりです。

集客できない人は導線が出来ていないんで、ってその集客を教えている僕が導線アマアマじゃしょうがないんで、こっから色々と仕掛けていきます。

そこら辺の話も集客の智慧メンバーにはできればなと。

無料レポート「絶対コケない事業展開に必要な5つのステップ」

本書籍は、事業・集客の改善を真剣に考えている、個人起業家・店舗経営者・小・中規模ビジネス経営者様、もしくは、起業したばかりで集客を学んだことが無い方のためのコンテンツです。

机上の空論ではなく、実際に僕がサポートさせて頂いているクライアントの事例を元に、なぜ彼らが着実に積み上げていく形で事業を成長させる事が出来ているのか、について僕なりに分析して、必要な5つのステップに立て分けました。

以下が具体的な事例になります。

  1. 人口55000人の街で社長と秘書の二人で1.1億円の売り上げを上げているリフォーム会社
  2. 問合せ数2件から実質3ヶ月で197件に増えた自宅マッサージサロン
  3. フリーランスのグラフィックデザイナーから高額個別コンサルティングで生計を立てられるようになった学生さん
お名前
メールアドレス