個別コンサルティングのご案内

この度は、石川譲の個別コンサルティングのページをご覧いただきありがとうございます。

当社のコンサルティングは、集客でこれ以上困りたくない起業家や中小企業の経営者の為のサービスです。

そして、まずはじめに伝えたいことは、この個別コンサルティングを通して、今どれだけ集客で悩んでいるとしても、新規のお客様をお断りするぐらい人が集まる仕組みが出来るという事です。

実際に僕が行うコンサルティングでは、

  • 起業してからお客さんを集めれば良いと思っていたけど、予想以上にお客様が集まらなくて困っている。。。
  • 好きで起業したは良いけど、お客さんの集め方が分からなくて困っている。
  • 前に宣伝広告出したけどお客さんがぜんぜん集まらなかった。。。
  • 自分よりも技術が下手なお店(人)なのに人が集まっているのが悔しい。。。
  • 「技術には自信がある」と思っているけど、集客のどこから始めればいいか分からない。
  • セミナーとか異業種交流会とかに出てみたけど、効果をあまり感じない。。。
  • お店のことを真剣に相談できる相手がいない。。。
  • 一生懸命やっていればそのうちお客さんは増えるだろうと思っていたけど、紹介ばかりに頼ってしまっている。

というお客様の集客に関する悩みを抱えているビジネスから、誰もが憧れる事業に変化させます。

忙しいなか貴重な時間を僕とのコンサルティングに任せてもらうために、僕、石川譲がマンツーマンで全てのクライアントさんの集客の悩みを解決します。担当者が変わることはありません。

コンサルティングに申し込んで頂いたら、悩んでいる事をこちらが全て理解できるように、独自の特別なミーティングで悩みを丁寧にヒアリングします。

ミーティングで改善点や作業の方針が決まったら、作業の方針に従って実際に動いていただきます。

今までの集客コンサルティングとは違って、やっている作業が積み重なっていくのを感じると思いますし、また事業が着実に前に進んでいる事も感覚だけじゃなく数字上にハッキリと現れてきます。

気になる方は、ぜひ以下よりお気軽にご相談ください。無料で承っております。

まずは無料で相談する

一部のクライアントの改善事例と感想

クライアントのビジネスの変化をご紹介します。コンサルティングでは、「集客に困らなくなる」ことに焦点を当てて本気で取り組んでいます。


5万世帯しかいない地域で社長一人、事務員一人で1.1億円売り上げるリフォーム会社スマイエの社長


宮城県で漢方薬局を営んだり、漢方に携わるプロジェクトの主催者である社長佐藤さん



NZ大学院卒業の心理療法国家資格を持つ日英両刀の心理療法家


UMF度・エネルギーが高いマヌカハニーをオンライン販売、代理店事業で展開している食育健康アドバイザー・社長



ニュージーランドの自宅美容サロンで生計を立てているKesae Total Balance代表



石川譲(いしかわゆずる)の5つのこだわり

クライアントさんには、納得してから集客のコンサルティングを受けて頂きたい。

理想のお客さんが来る仕組みを手に入れて、集客のストレスが無い生活を体験して欲しい。

コンサルティングに申し込んでもらうことが、あなたの楽しみと成長になるように、僕自身が大切にしている5つのこだわりを紹介させていただきます。

1, カスタマイズされた集客コンサルティング

あなたは、「なんであの人(店)はいつもお客さんが集まっているの?」と思ったことはありますか?

  • インスタグラムとかアメブロ更新しているけど、集客に結びつかない
  • ポータルサイトはあまり使いたくないけど、他の集客方法が思いつかない
  • お客さんはお試しでは来てくれるけど、2回目の予約が入らない理由が分からない
  • ブログは毎日更新しているけど、いつも何を書いたらいいのか迷ってしまう。

ターゲットやサービス・商品の価値、コンセプトといった基本的なことが出来ていないビジネスを、こちらが「この商品いかがですか?」と言う前に「次回の予約もしたい」「またあなたから買いたい」「あなたのお客さんが手に入れているモノ、自分も欲しいのですがどこから買えますか?」と言ってもらえるようなビジネスにするのが、このカスタマイズされた集客コンサルティングです。

あなたのビジネスに不足している売れるビジネスになるための知識を補給して、自分の思い描いている理想のビジネスへと昇華させましょう。

自分には無理だと思っていた「お客さんが勝手に集まってくるビジネス」になるのをぜひ体験して下さい。

丁寧な初回ミーティング、そして日頃のやり取りを頻繁にメッセンジャーで行うので、もし今までに集客コンサルティングを受けたことがあるようであれば、通常のコンサルティングよりもやり取りに時間がかかることはご了承ください。


個別コンサルティングの様子
Covid-19でサロンが閉じている中見込み客から問合せを頂いた時の報告


初回ミーティング後に頂いたコメント



オンラインコミュニティーを始めたいクライアントに対して、打ち合わせをしている間に浮かび上がった2つの課題について伝えているところ


コミュニティー運営を始めたいと考えているクライアントに対して、事業の展開の仕方、という観点から、経験、コンテンツ、知識などが積み上がる形になるように「継続可能な活動」を設計に組み入れる必要があることを伝えているメッセージ



求められているモノを提供する事に注力する事を伝えているメッセージ


追う必要のある数字が何なのか、について伝えているメッセージ


2, クライアントの質問に丁寧に応えるミーティング

クライアントが適切な作業をするためには、丁寧なコンサルティングがあってこそできることです。

あなたのビジネスの状態を聞いて、今の状況を判断し、お悩みを一つ一つお伺いしていきます。

  • いつも思っている事が伝わらない
  • コンサルタントに言いにくい
  • 悩みをしっかりと聞いて欲しい

このようなお話をよく耳にします。

実際の僕とクライアントとのやりとりの一部を紹介しようと思います。クライアントからの質問に対して僕の意見を返したり、質問に対して僕の答えを伝えています。







僕のコンサルティングでは、目の前のクライアントに全てで満足してもらいたいと思っています。なので、コンサルティングを受ける前に、僕が結果を出すためにお手伝い出来るかどうかを判断するため、個別でメッセージのやりとり・もしくはオンラインミーティングをさせて頂きます。

希望している理想のビジネスの形はもちろん、集客の悩み、憧れている事業モデル、今までのコンサルティングで感じた不満、失敗体験談などを伺い、すべてのご要望をコンサルティングに反映していきます。

まずは無料で相談する

3, 理想のお客さんを集める事へのこだわり

理想のお客さんが勝手に集まる仕組みを作るために必要なのは、活動を継続できる仕組みを事業構想に組み入れる事が大切になります。

多くの個人でビジネスを始める人は、突貫工事的にブログを書いたり、Youtubeを始めたり、Twitterのフォロワーを増やしたり、FBグループを立ち上げたりしますが、90%以上の方が途中で挫折してしまいます。

なぜなら、継続できる前提の活動を設計の時点で考えていないので、

  • 途中で何を書けば良いのか分からなくなる
  • ネタ切れになって止まってしまう
  • 書き続けるのに疲れて放置状態になる
  • 思った以上に市場からの反応が少なくてやる気が無くなる

と言った事が起きます。だから、理想のお客さんが勝手に集まってくる仕組みを作る事が出来ないので、その間違いを防ぐ為に、構想、そして設計の時点で失敗が起きる原因をできる限り取り除きます。

人それぞれ「ゴール」が違うので、ミーティングでご要望をいただき、自分の大切にしたい事を実現できる事業の仕組みもご提案いたします。

インターネットではたくさんの新しい情報にすぐに簡単にアクセスできるようになった分、情報の波に飲まれて、あれもやらないと、これもやらないといけないと考えてしまう人が本当に多いと感じます。先日もそんなクライアントからメッセージいただきました。

ウェブサイト上には、やれLINEの時代だ、Noteのユーザー数はアメブロを越した、Facebookは若年層離れが激しい、Youtube配信はこれから生き残る為には必須のツールだとか。オンラインセミナー、オンライン動画もしないと生き残れないなどなど書かれていて、頭の中が新しい情報で溢れてます🤷‍♀️🤷‍♀️🤷‍♀️の状態。でも、今の私のスキルじゃ出来ない事ばかり。笑うしかない。。

そのメッセージに対して自分の答えです。




「人は集められるんだけど、リピート率が低いからずっと新しいお客さんを集めないとビジネスが回らない」という事が避けられるような環境設定を構築することも事業構想の時点で含めます。

「1年後にはどうなっていたいか?」も考慮して、目標に合わせて確実に毎日の予定に活動を組み込めるような作業計画を立てます。

「作業量が多すぎてやりきれません。。。」という事も起きないように配慮いたします。

4, 期間内完全無料のメール相談

すぐに返事をすると約束していたにも関わらず、コンサルタントから3日ぐらい経っても返事が無かったりすると待ち疲れしてしまいますね。

あなたにとって、僕石川とやり取りをする時間も、特別な時間でありたいと考えています。

言いたいことが言える関係を作ることで、お互いが気持ちよくやり取りが出来るように、何も隠すこと無く、言わなければいけないことも堂々と言うことを心がけています。

あなたも僕も言いたいことが言えない事が無いように、とにかくコミュニケーションを大切にするコンサルティングです。




お互いの認識にズレがあると、必要の無い誤解を生んだり、「私はこう思っていたのに。」「その方向に行くつもりは元から無かった」等、お互いもしくはどちらかに遺恨を残す関係が出来てしまう原因になりかねません。

なので、共通認識にズレがないかどうかを確認するやり取りを常に心掛けています。

5, 完全返金保証

関わっている人全員が満足する状態で事業を進めていくのが、僕が提供するコンサルティングです。

  • 新規のお客様の増やし方が分からない
  • リピート率の上げ方が分からない
  • 客単価を上げる方法
  • メニュー、値決めの方法が分からない
  • 集客に「困らない」事業展開の仕方が分からない

すべてに満足していただくために、完全返金保証をつけさせて頂きます。

コンサルティング期間中に満足のいかない事がありましたら、支払って頂いた金額を全額返金させて頂きます。

遠慮なくご連絡くださいませ。

まずは無料で相談する

僕のクライアントが成果を出す理由

別に最先端の集客法で、まだ誰も手を付けていない「特別な秘密」があるとか、普通の人では知り得ない画期的な集客法を僕だけが知っているとか、そんな事は全くありません。

別に隠すことでもないので、僕がクライアントに何を教えているのか簡単に説明します。

基本的には、自分が手掛けているビジネスで常に実践している8つのステップをベースにクライアントの立ち位置を確かめながらコンサルティングさせていただきます。

この8つのステップを正しく踏めているビジネスは例外なく集客に困らずに、しかも理想のお客さんが勝手に集まる事業を作れていますし、逆にこの過程を正しく丁寧に通れていないビジネスはヨーヨーのように売り上げが行ったり来たりしています。

その8つのステップをご紹介します。

  1. 実績を作る
  2. 作った実績を提示する
  3. その実績に惹かれて問い合わせが来る
  4. 頂いた問い合わせに回答する
  5. 回答内容を商品化する
  6. 商品化したサービスの値決めをする
  7. お客様の声を頂き商品の実績を提示する
  8. 1番から7番を繰り返す

この8つのプロセスを動かし続ければ、お客さんに求められている商品を提供できますし、自分が理想としているお客さんが勝手に来てくれる集客の仕組みが完成します。

この8つのステップを丁寧に作り込めれば、確実にビジネスの集客に困らなくなるレベルになります。

ここで、現在ビジネスコンサルタントとして働けるようになった僕の事例と、僕がサポートしているフリーランサーのクライアントの事例を通して、この8つのステップを具体的に説明させて頂きます。

事例1:アフィリエイトで生計を立てていた人

  1. 実績を作る

まず初めに、この8つのステップを踏んで今のビジネスコンサルタントという立ち位置で活動できるようになれた僕自身の例をご紹介したいと思います。

2010年に家族を養っていく必要性に迫られ、副業を始めるも1年ほど芽が出ない時期が続きます。転機が訪れたのは2010年の12月、ブログを量産することで収入を得る事が出来るアフィリエイトがある事を知り、2万円近くの教材を購入しました。

「これで成果が出なければ副業は諦める」ぐらいの覚悟を決めて、教材に書かれている「1日に一つのブログにつき1記事を作成」というノルマの3倍の「一つのブログにつき3記事で3個のブログ作成」と決めて作業をし、15日後に5000円のアフィリエイト報酬を獲得しました。

このデータを元に、ブログの数を増やせば増やすほど収入も増えるという仮説を立てて、オンライン上で作業を手伝ってくれる外注さんを募集し、ノウハウをまとめたマニュアルを渡してひたすらブログを量産して頂き、半年後の6月には月収で100万円を達成しました。

これを「実績」に、次のステップに進む事を決めました。

  1. 作った実績を提示する

「ブログアフィリエイトで生計を立てている起業家」というポジショニングを市場で獲得する為に、まずは自分の活動報告を記録する場所として「自分のブログ」を作成しました。

そこでは、毎日商品がブログから売れる度に「売れた金額」と、その売れた時に届く画像をスクリーンショットで撮り、ひたすら投稿し続けました。

  1. その実績に惹かれて問い合わせが来る

ブログに活動記録をただひたすら毎日投稿し続けた結果、僕のようなライフスタイルに憧れると思われるターゲットの方から

  • わたしもブログでアフィリエイトやっているのですが、全然稼げません。。。
  • どういうブログを作っているのか見せて頂いて宜しいでしょうか?
  • ブログのタイトルの付け方にコツとかありますか?

と言った問合せをいただく事が多くなり、日によっては10人ほどの人からメールを頂くこともありました。

そこで、他にも自分の活動に興味がある人がいる事が確認出来たので、興味のある方が気になる無料レポートを作成しました。

出来る限り多くの人に届けたいと思い、いろいろな方からもサポートして頂けた結果、1週間で1000人ほどの方に登録して頂けました。

  1. 頂いた問い合わせに回答する

今度はその1000人の方が、ダウンロードしたコンテンツを読んだあと、色々と質問をくれるようになりました。

  • キーワードの選び方はどうしたらいいですか?
  • SEO対策はマニュアルに書いてある事以外何かしていますか?

等です。

やりとりを重ねる中で「個別で教えて頂きたいのですが。。。」というリクエストを頂けるようになりました。マニュアルを見てやっているけれど、自分のやっている事が本当に正しいのかを確認したいわけですね。

全員に対して個別で教えるのはさすがに物理的に無理だったので、無料レポートでは一つ商品のブログ作成実践動画だったのですが、事例を3つに増やし、動画教材として7980円で販売する事にしました。

  1. 回答内容を商品化する

最終的にブログアフィリエイトの教材は300人以上の方に手にとって頂けました。そこから結果を再現された方もいたのですが、数勝負ということで挫けそうになっていた方もおられたようで、個別コンサルで厳しく指導してくれる環境がほしいという要望も教材購入者から頂けるようになりました。

そこで「個別コンサルティング」をサービスとして商品化する事に決めました。無料マニュアルを配布してから4ヶ月、教材販売してから2ヶ月ほどたった頃だと思います。

たくさんのフィードバックを頂き、個別の問合せに対応していく中で浮かび上がったニーズで、リクエストがすでにある状態だったので、売れる事がある程度分かっている中でのスタートでした。

  1. 商品化したサービスの値決めをする

市場を見回すと10万円程度の安いサービスから、50万円、100万円の当時高額と呼ばれるレベルの金額に設定している方もいたのですが、まだ個別コンサルティングの実績をつめていない状態でしたので、まずは30万円からスタートしようと決めて応募をかけました。

無料レポートをダウンロードしてくれた方達にメールでお知らせしたのですが、24時間以内に10人ほどから申し込みが入りました。

結局、募集人数を20名に設定していて、1週間で全ての席に申し込んで頂けました。

  1. お客様の声を頂き商品の実績を提示する

そこからは、「個別コンサルティング」を申し込んで下さった方とのやりとりを6ヶ月ほど続けて、離脱者を出さない事に焦点を当ててサポートを続けました。

収益を出させる事が出来た人は全員だったのですが、目標額に達する前に挫折してしまった方が5名いたので100%の達成率にはなりませんでした。

そこで、挫折した人たちとのやりとりを自分でも振り返ったり、現在コンサルティングを受けてくださっている方からフィードバックを頂いたりして、サービスのクオリティーをあげるように努めました。

  1. 1番から7番を繰り返す

このコンサルティングのやりとりをしていく様子もメールマガジンを通して情報発信していたのですが、今度は同じようにコンサルティングをしたい、自分も個別のサービスを立ち上げたいんだけれど、というリクエストを頂くようになりました。

そこで、ブログアフィリエイトの個別コンサルティングは引き続き行いつつ、同時並行で「個別コンサルティングを学びたい人」の為のマーケティングサポートも行うようになりました。

この時点で「ブログアフィリエイトをサポートしている人」から「コンサルタントのマーケティングをサポートしている人」というポジショニングを取りに行く事に決めました。

事例2:フリーランスのグラフィックデザイナーとして生計を立てている学生さん

  1. 実績を作る

Linkedinというビジネス同士が繋がれるプラットフォームがあり、そこである時にフリーランスでグラフィックデザイナーをしている修士課程に所属している学生さんが個別で相談してきました。

この方の場合はすでに「グラフィックデザイナーとして生計を立てている」しかも「学生」の立場で成果を出されていたので、すでにこれが「実績」として使えるな、と思いました。そこで、

「市場でフリーランスのグラフィックデザイナーとして学生として生計を立てている人として見られたい」

というポジショニングをとる事に決めました。

  1. 作った実績を提示する

まず、グラフィックデザイナーとしての実績がポートフォリオとして1ページにウェブサイトにまとめられているだけでしたので、これから企業や個人から仕事を頂ける度にその様子を自分メディアで発信するように頼みました。

異なるプラットフォーム上のあなたのタイムラインが、グラフィックデザイナーとして案件を頂いている結果と自分の成果物で埋まるようにします。その結果、あなたの仕事に興味を持っている人が、より多くフォローしてくれるようになります。

  1. その実績に惹かれて問い合わせが来る

その後、このグラフィックデザイナーは僕の伝えた通りにLinkedin、個人のFacebook、そしてインスタグラムに投稿し続けました。

その結果、同じ学生さんから「どうやってあなたみたいに稼ぐ事が出来るの?」とか、「自分も学生だけどお金を稼げるようになりたい。やり方教えてくれない?」といった問合せを頂けるようになりました。

このやり方はとても理にかなっていると思っていて、自分が何かしらの悩みを解決する為に仕事を引き受けて、仕事を提供する事によってお金を受け取る、その結果を同じような事に挑戦してみたいと思う人に対して提示していくという、誰でも出来る最も簡単なステップなのですが、多くの人々はこのステップを無視しています。

逆にいえば、このステップを丁寧に積み重ね「続ける」だけで、自然と市場で見られたい自分として認知されて、ポジショニングを確立する事が可能です。

  1. 頂いた問い合わせに回答する

あなたのタイムラインはあなたの成果と引き受けている案件の完成物で満たされているので、フォローしている人からは「フリーランサーとして生計を立てている学生」として認識されるようになります。これが、自分が参入したい市場で自分自身をポジショニングする方法です。

  1. 回答内容を商品化する

案件を引き受けた成果と今までの完成物を自分のメディアのタイムラインで発信し続けていく中で、同じように「フリーランサーとして生計を立てている学生」に憧れている人、もしくはフリーランサーだけどそれだけで生計を立てられるほど稼げていない人から質問等がくるようになります。

そこで今度は、「フリーランスとしてこれまでに作成した完成物や成果」をまとめてPDFの形を利用して自分のプラットフォームに配布しました。主にFacebookとLinkedinを利用しました。

この情報を通して「フリーランサーとして生計を立てる」ところに到達するために通った正確な過程を見せることができるようになりました。

  1. 商品化したサービスの値決めをする

その後作成したPDFを500人ほどの人がダウンロードした時点で、価格を無料から10ドルに変更。その結果、タイムラインに投稿するたびに、PDFも販売される仕組みが出来上がりました。

  1. お客様の声を頂き商品の実績を提示する

そして今度は、PDFが売れる度にその情報を発信、同時に販売したPDFの購入者からの感想もタイムラインでシェアし続けました。

その結果、今までは「グラフィックデザイナー」として引き受けた案件からの収入だけだったのが、この仕組みを通して「グラフィックデザイナーとしてPDF販売に成功している人」というポジショニングでもお金を稼げるようになりました。

さらに、この仕組み作りを毎日の予定に組み入れて活動している中で、「わたくしも自分のスキルを利用してPDF等にまとめて情報として販売できるようになりたい」という相談も頂けるようになりました。

このお客さんからの反応を通して、次の商品化のアイデアが出来上がりました。「個別コンサルティング」です。最初はPDFを手に入れてくれた方たちからの反応を頂き、そこである程度の数が来た時点で、PDFを持っている方に対してだけ個別のコンサルティングをオファーしました。

  1. 1番から7番を繰り返す

そして、最初に「フリーランサーとして生計を立てている学生」というポジショニングを立てたのと一緒の作業を、今度はPDF販売に成功している人からハイエンドの個別コンサルティングを売るのに成功している人というポジショニングにスライドさせる事ができました。

あなたのビジネスに8つのステップを組み入れたらどうなる?

上の8つのステップのどこに今現在位置しているかによりますが、

  • 新規のお客さんの数が増える
  • 売り上げが増える
  • リピート客の数が増える
  • 客単価を上げる事が出来る(上げたい人は)
  • 商品を販売する前にお客さんがいる状態を作れる
  • 売れない商品を手に抱える事が無くなる

「お客様とのやりとり」を通して求められているニーズを満たせるものだけ「商品化」するので、売れない商品を市場に打ち出してプロモーションがコケてしまう、という事が無くなります。

実際にお客様対応から商品化した際に頂いた報告がこちらです。




もちろんこれは最低限のレベルで、お客さんが増えて、人と接する機会も自然と増える、そして事業から今まで以上の収入が手に入り、過去のポジショニングではスタートラインにすら立てなかった事業に挑戦する事ができるようになります。

また、自分の実力も上がって成長し、より高いレベルのサービスを提供できるようになります。

例えば、自分の場合はアフィリエイトの経験を通じてマーケティングの強みを獲得できたので、商品サービスは良いけれどマーケティングが出来ない個人や会社と組んで事業を共同で動かす事にも招待してもらえるようになりました。現在はマヌカハニー事業、農業、音楽業界、心理学業界、さらにリフォーム業界、ソフトウェア業界の人たちからも声を掛けて頂けるようになりました。

成長しない会社は、同じ問題を永遠に繰り返す

僕の考える成長しない会社とは、

  1. 商品:お客さんの悩めを解決出来る技術やサービス
  2. マーケティング:市場でどのポジショニングを取って、誰にどういう声かけをしてもらいたいか
  3. 経営:できる限り多くのお客さんに頼り続けてもらって、お客さんの離脱率を少なくする

この3つのどれが弱い会社です。なぜなら、

  • 商品が弱ければ、お客さんに手にとって頂けたとしても満足率が上がらずリピートに繋がりません。
  • マーケティングが弱ければ、折角お客さんの悩みを解決できる商品やサービスを抱えていたとしても、理想のお客さんに認知されず手にとってもらえません。
  • 経営が弱ければ、いくらお客さんの悩みを解決できる商品を持っていて、必要とされている人に認知される市場でポジショニングを取れたとしても、お客様に頼られるほどのサポートがないと会社から離れていってしまいます。

その結果、ヨーヨーのように同じ場所を行ったり来たりし続ける事になります。成長しないビジネスは同じ問題を何年も、何十年も繰り返します。

ある時はお客さんが増えて売り上げが上がるけれど、経営が出来ていないのでお客さんの離脱率が高く、一緒についてきてくれるお客さんの数が一向に増えなかったりします。

僕はよく「積み重ねる」という言葉を使いますが、うまくいっていないビジネスにはこの「積み重ね」がありません。問題を問題として認識せず、その場しのぎでやりすごし、根本的な改善施策を仕組みまで落とし込まない。だからうまくいきません。

先述の『商品力』『マーケティング力』『経営力』という3つの力。

人によっては「そんなの当たり前でしょ。」と鼻で笑う方もいらっしゃるでしょう。

そうです。この程度のこと経営者ならやって当たり前なのです。僕のクライアントはこの当たり前を、当たり前にやるから、当たり前に事業が積み上がり、スピードもスケールも同時に成長させる事が出来ます。

本当に、ただそれだけのこと。

僕は、この当たり前ができてはじめて、事業が積み上がっているといえると僕は思っています。そして、しっかり経営されているビジネスは少なからず実在し、どれも例外なく、業界でトップレベルの会社へと成長しているのかなと。

コンサルティングの流れ

上記を踏まえて、コンサルティングの流れについてカンタンに説明します。

まず、コンサルティングをする事が決まったら、以下の4つのステップを使ってコンサルティングを始めます。

  1. 現在の環境について共通認識を確認して、事業構想の見直しをします。
  2. 構想を元に事業の構想も考え、具体的なポジショニングについての改善点を見極める
  3. 進め方が決まったら、毎日の予定に組み込める活動を明確にする
  4. 実際に決めた作業を決めた目標に達成するまでひたすら続ける
  5. ミーティング時、FBメッセンジャー等で進展具合を日々作業報告
  6. 改善点があれば改善し、うまくいっているようであればそのまま続ける

逆算式に達成できる目標の場合はゴールを先に決めて進めますが、今までに達成したことのないゴールを実現しようとしているケースでは逆算式が使えないので、その事業で成功する為に必要なセンターピンが見つけられるまで、数多くの手を打っていく中で立つフラグを集め分析していきながら進めます。

取り組む事が分からない、取り組み方が分からないという状態にならないように気をつけています。

まずは無料で相談する

コンサルティングの内容と価格

ここでは、コンサルティングの内容と価格について説明します。

今まで伝えてきたように、基本的には下記の8つのステップに沿って一緒に事業を丁寧に作ります。

  1. 実績を作る
  2. 作った実績を提示する
  3. その実績に惹かれて問い合わせが来る
  4. 頂いた問い合わせに回答する
  5. 回答内容を商品化する
  6. 商品化したサービスの値決めをする
  7. お客様の声を頂き商品の実績を提示する
  8. 1番から7番を繰り返す
    すでに行っている事業の改善からスタートする場合は、必ずしも1番から取り組むとは限りません。ただし、「自分はこちらの方向性で進めると思っていた」や「そんな状態でビジネスを進めていたとは知らなかった」などの誤解を避ける為に、同じ共通認識で事業を進めるための事業全体の見直しは最初の時点でさせて頂きます。

この8つのステップに沿ってを仕組み作りを進めれば、自分が理想としているお客さんが勝手に集まり、着実にビジネスが積み上がっていく、自分の大切にしたいものを守れる環境を整える事ができます。この作業を二人三脚で行うのがコンサルティングになります。

期間と価格

初期費用10万円+月額3万円の1年間契約になります。

メール相談

メール相談は無制限です。

最近使っているのが「フェイスブックメッセンジャー」というウェブ上にあるシステムを使います。このシステムを使うことで、やり取りを時系列で遡る事がしやすくなりますし、メールがどこに行ったか分からなくなったという心配も無くなります。

なので、メインのやり取りは「メッセンジャー」になります。

オンラインでのミーティング

コンサルティングのやり取りはZoom、もしくはメッセンジャーの通話機能を使います。

Zoomミーティングは僕の負担もあるのですが、最大で月2回まで行います。2週間に1回にしたのは、僕の体験上、それが1番成果が出やすいからです。

クライアントの側からすれば、「2週間に一回スカイプで話をしないといけないから、 そのプレッシャーがモチベーションとなり作業がはかどる。」という話も聞きました。

逆にメールでのやり取りのほうが好きという人は、無理してオンラインで話さないでも問題ありません。

僕も実はメールでのやり取りを好んでいます。どうしても文章に落とし込むのが難しい話や、意見を誤解されてしまう可能性がある時は緊急でも直接Zoom等でお話しする事がありますが、文字として残り後から見直す事が出来るメッセージは共通理解がしやすいです。

特典の内容

集客作業を考えうる限り効率化でき、成果が出るまでの期間を短縮できるこの特典は、

「本業が忙しいから、集客のための作業の手間はできるだけ省きたい」

もしくは

「『6ヶ月間より短い期間で成果を出したいというなら他のスクールをあたってください』と石川さんが言うのはわかるけど、本当に集客に困っているから6ヶ月も待っていられないんです」

という方を対象に、集客のための作業を効率的にすることで、集客できるようになるまでの期間をできる限り短くすることを目指した特典です。

集客代行サービス

事業は「分担作業」を導入すると、全体として円滑に進んで経験や成長が積み重なり、スピード感持って拡大する事ができると僕は思っています。

そして、クライアントのお客さんの対応は僕は出来ませんが、クライアントさんはそれが専門です。ならば、クライアントには「お客さん対応」にフォーカスしてもらって、僕は僕の専門である「マーケティング」を担当させて貰えばいいのでは?と思った事がきっかけで思いついた特典です。

結果としては、教える手間が省けるので広告を走らせるまでの時間も圧倒的に短くなり、認知させる媒体の準備が出来て、早い時は1日か2日で新規のお客さんがサービスを購入してくれる事も珍しくありません。

広告代行の内容としては、

  • Facebook広告運用
  • Twitterアカウント運用
  • Google広告運用
  • Instagram広告運用

等になります。

運営費用、広告費用も別で掛かります。

投稿するコンテンツは、業界に知見のあるお客様に提供していただく必要があります。

パソコンの使い方も教えます

僕が今まで会ってきた経営者さんの多くは、パソコンスキルを持ち合わせていません。例えば、

  • スカイプやZoomのインストールの仕方が分からない
  • パソコン上の文章を簡単にコピーする方法
  • 大容量の画像ファイルを一度にたくさん相手に送る方法
  • Internet Explorerよりもサクサク動くブラウザを起動させる方法
  • Zoomの使い方
  • スクリーンショットの撮り方
  • 画像をメッセンジャーに添付するやり方

などなど。知っている人ならごく当たり前のことですが、こうしたことを知らない経営者は比較的多いです。

特に、ワードプレスやFacebook、インスタグラム、Twitterの初期設定の時点で躓く人も多いです。例えば、

  • Facebookページを作る方法
  • Facebook広告を出す方法
  • ワードプレスでブログを作る方法
  • セミナーやワークショップに集客する為のFacebookの使い方
  • 無料のクラウドを使ってファイルを共有する方法
  • Twitterのアカウントの作成方法

前にも、サロン経営者の女性との話しで、僕が普通に「Ctrl+A」(=全選択)をやればコピー出来ますよ」って教えただけで、彼女は「それ! すごーい!」と感激されていた事がありました。

パソコンを今以上に使いこなせるだけでも作業時間をかなり短縮できるので、遠慮せずご質問ください。

お断りさせて頂いているケース

コンサルティングを引き受けるにあたって、僕がお客様に約束している事があります。それは、

ビジネスの仕組みを改善して、お客さんを集める事に困らない状態にする

です。なので、この目的地に到達出来ないと最初の時点で判断できるお客様はクライアントとして引き受けないと決めております。

そのため、お客様との約束を守れるかどうかを判断するために、

  • 個別でのメッセージやりとり、もしくはオンライン面談

をさせて頂いております。

まずは、どんな事でも良いので気になった事があれば質問して頂ければと思います。

それと、個別コンサルティングに関しては、以下の方からの申込みはお断りしています。

  • 今から手掛けるビジネスを自分一人でも成功させる自信がある
  • 自分の中ではそれなりにビジネス力はある方だと思っている
  • 今までに挑戦した事はほとんど達成してきた過去がある
  • 「やりたいこと」だけして「やらないといけないこと」は絶対にしたくない
  • 最終的には自分一人の力で全てやり切りたい思いがある
  • 誰にみられなくても自分で自分を鍛えるのが得意である

また、既存のクライアントと商圏が被る場合や、どれだけ需要が無くても需要を作るビジネスを構築したい方も基本お断りしています。

まずは迷わずに興味があるならとりあえず気軽な気持ちで相談していただければと思います。

まずは無料で相談する

Q and A

具体的には、アメブロ、ワードプレス(HP)、 メルマガの配信内容の正しい構築方法をご指導頂くのが中心で、 そこから集客できるようになるのを目標とするでよろしいでしょうか?

それも含まれると思います。流れとしては、

  1. 実績を作る
  2. 作った実績を提示する
  3. その実績に惹かれて問い合わせが来る
  4. 頂いた問い合わせに回答する
  5. 回答内容を商品化する
  6. 商品化したサービスの値決めをする
  7. お客様の声を頂き商品の実績を提示する
  8. 1番から7番を繰り返す

の8つのステップに沿ってビジネスを構築します。その過程で、結果的にはワードプレスを使った自分メディアの構築、そして情報を発信する媒体としてメルマガを使う方も出てきます。

私の場合は教室がある訳ではないので、売るものは教材、コーチング、セミナーを想定してますが、その辺も問題ないでしょうか?

もちろん問題ありません。僕自身が教室を持って無くて集客してます。

店舗無しの方の場合は多少集客法は変わりますが(例:チラシはあまり使わない)、集客の本質は一緒です。

石川さんは他のコンサルを受けてる方は受けないと仰ってましたが、他の方との関係継続をしていても大丈夫ですか?

正直に言ってくれてありがとうございます。もしその方たちを「集客コンサルタント」と見ているのであれば、僕の考え方とバッティングする可能性があります。だから、控えて頂きたいという意味です。そうじゃなければ問題ありません。

例えば僕のクライアントにリフォーム会社の社長さんがいますが、リフォームイベントを開催する為のコンサルティングを他の方から受けています。このケースのように、集客以外の部分を教えてもらっているのであれば、全く問題ありません。

パソコンが苦手なんですけど大丈夫ですか?

このコンサルティングのページまでたどり着けて、上記のフォームから自分で申し込む事が出来るようであれば大丈夫です。

お客様の声を書いてくれたクライアントの中にも、

  • スカイプの使い方が分からなかった
  • コピーアンドペーストも知らなかった
  • スクリーンショットの仕方が分からなかった

ような方も普通にいますので、問題ないと思います。ただし、苦手なのを言い訳にして作業しないようであれば、これから何をしようと集客できるようになれないと思います。

もちろん、経験が必要な作業はすぐに出来なくてもいいと思いますが、今出来ることは全てやる、という決意を持って欲しいと思います。ちなみに、パソコンが使える人って成功させづらいという部分もあります。

パソコンが使える人にありがちな傾向性として、僕がアドバイスしていないことを勝手に独自でやりだす ことが多いです。

独自にやって結果が出るなら最初からコンサルは必要ないわけです。だいたい独自で取り入れるものは僕が却下しようとするんですが、それでもやろうとする人は僕の手に負えません。

でも、その独自でやる時間は、ただの遠回りなんです。だからある意味、パソコン使えない人の方が成功しやすい面もあります。

値上げをする可能性はありますか?

だいたい1年間に一回は値上げをしています。また、申し込み状況、自分の実力の向上に応じて、もっと早く値上げする可能性はあります。変えるとしたら、月の打ち合わせの回数を減らすか、値段を上げるか、コンサル期間を短くするかです。

今のところ、月2回のスカイプで最適な結果が出ている、そして1年間あればどのクライアントでも結果が出る、ということは変えられるのが値段だけになります。

コンサルティングサービスは、初回費用10万円+月額3万円だけですか?

そうです。他に広告費等は別で掛かりますが、そこは各々のバジェットに寄ります。僕がコンサルティングを通して受け取る最初のお金は10万円+月額費用3万円のみです。

情報を隠していて、こっちのメニューは別料金みたいなあくどいことはしませんので、安心して下さい。

2回ぐらいのお試し価格のセッションはありますか?無料オンライン面談後に、2回ぐらいのお試し価格セッションはありますか?という意味になります。

無いです。僕のコンサルティングを受けるのを決める時点で、ここまでのコンテンツを聞いてもまだ「試さないと分からない」と感じているのであれば、あなたと私が一緒に動き出すタイミングでは無いと思っています。

事業に関わる人全てがWIN-WINの状態を手に入れる為に必要な基準を満たされていないお客さんは基本的に受け入れることはしません。

誤解しないで頂きたいのですが、その方が僕のレベルに到達していないとかそういう事ではなく、

  • 相性(遺恨を残さない関係)
  • 僕が救ってあげられる人(ウチの強みを生かせる)
  • 長期的に一緒に活動を続ける環境を築ける関係(WIN-WINの関係)

のどれかを満たす事が出来ない、と判断するだけです。

あと、投資する意識が低い人と、行動する意識が低い人は僕のコンサルと相性が合いません。別にそういう人が駄目って言っているのではなくて、そういう方の期待に応えられるサービスでは無いですよ、という事です。

商品作成も一緒にしてくれますか?

僕には技術、知見が無いので、商品は作れません。ただし、どのようにお客さんに提供するか?という形(サービス、教材、オンラインコース等)を考える作業は当然一緒にします。

ちなみに、お客様対応も基本いたしません。ただし、最初はコンサルタント・クライアントという立場で、後々ビジネスパートナーという形に移行した方もいて、その時には僕がお客様対応を担当する事もあるのですが(現在進行形)、最初の段階ではそこまでは僕はやりません。

月額3万円は、今後値上がりする可能性はありますか?またそれは、どういった場合でしょうか?

基本1年間は3万円で変わりません。僕がクライアントとの契約で価格を変えるときは、明らかにクライアントの稼ぐ額が大きくなり、僕自身の頂いている額が不公平に低い時に限ってだけ話し合いをこちらからリクエストさせて頂いております。

例えば、印刷会社のコンサルティングをしているのですが、当初コンサル費用が月6万円程度でしたが、売り上げが毎年伸び続けて現在で6年目になりますが、今では頂いている額が月25万円になりました。これはお互いの話し合いで決めています。

極端な話、売り上げが100万円上がっていてコンサルフィーが月2万円は少ないと僕は感じるので、その時には打ち合わせをお願いする、といった感じです。

最初に10万円、というのは、月額3万円とは別にでしょうか?

10万円は月額2万円とは別の費用です。

というのも、コンサルティングをする上で僕が大変だなと思う時期がありまして、それの一つが「一番最初」なんですね。なぜなら、その方の事業に対しての知見がない状態なので、時間をかけて(話をしていない時も含めて)理解するようにしています。 その労働力に対しての費用という意味で、継続の月2万円とは別で初期に10万円ほど頂いてます。難しければ仰ってください。分割での支払いが良ければその10万円も割りますので。

これまでのクライアントの方は、どれぐらいの期間コンサルを受けておられますか?

一番長い方で先ほどもお伝えした6年間、他には3年目のカウンセラーの方やマッサージセラピストの方で1年目の方と2年目、リフォーム会社の方は3年目、ソフトウェア会社の方は2年目、農家の方とピアノ講師の方は数ヶ月前に始めたばかりで1年目、他にもいますがみんなバラバラですね。

基本的に僕は「継続性」を考えた「コンサルティング」というサービスを提供しています。普通なら「悩みを解決できた時点で卒業」というモデルがコンサル業界には多いのですが、一緒に進み続ける「パートナー」的な位置で動きたいですし、これは僕個人の勝手ですが、入って卒業されてしまうと、僕自身の事業も大きくなりません。

だからこそ、毎月のコンサルフィーを他のコンサルタントと比べて破格の安さにすることで、続けてもらいやすく、頼られ続け安くしています。僕の事業の成長=クライアントの事業の成長にすることで、僕自身の事業の成長がクライアントの事業の成長と一緒にすることで、自分の実力を過信しないような環境設定にしています。

まずは無料で相談する

追伸

「自分の力ですべてをやりきりたい」

もともと起業家は職人気質の方が多いですので、そうした気持ちもよくわかります。しかし、僕のコンサルティングをを検討されているのであれば、もう一段高いステージで物事を考えていただけると嬉しいです。

コンサルティングは5年~10年の時間を短縮するための一つの手段です。

もし富士山に登り山頂から景色を見ることを目的としたら、あなたは何から始めますか?

道具を揃えたりするところでしょうか?それとも体力作りでしょうか?

僕はヘリをチャーターして最速で登る方法をとります。

目的に対して最善と思われる行動をとり、達成にむかって一直線に進みます。成長するために、決めた目的地にただりつくまでに、”本気”だからです。

ビジネスもこれと一緒です。ダラダラと問題をそのままにして経営に取り組んでも、成長しません。

一人では絶対にできない経験を僕と一緒に歩んでみたい方はぜひお申し込み下さい。あなたと一緒になって成長できる環境をコンサルティングを通して提供いたします。

まずは無料相談へのお申し込み、心からお待ちしております。

まずは無料で相談する