プロダクト力

お客様がお店に入ってきた時の対応で駄目なパターン

お客様が入ってきた時に、
どういう対応をするのかって重要です。

なぜなら、その対応のいかんによっては、
リピートされるかされないかが決まってしまうからです。

前にも言ったかもしれませんが、
リピート率に関しては「減点法」です。

例えば、新規でお客さんが来た時点では100点で、
そこからの対応一つ一つが減点に繋がります。

その一つとして、
新規のお客さんが入ってきてすぐの対応も含まれます。

駄目な対応のパターンとしては、

「%name1%さんですね?」

と名前を聞いてしまうことです。

なぜダメだか分かりますか?

自分が名前を呼ばれる側の人間になって考えてみて下さい。

例えば、名前が合っていればいいですよ。
でも、もし間違って違う人の名前を言ってしまったら?

予約の時間にはその人の名前が入っているかもしれないけど、
他の人が来ることもありえるわけです。

だから、間違えた名前を呼んでしまう可能性があります。

しかも、間違えた名前を呼ばれた方としては、

「えっ、個人情報とか大丈夫なのかな」

とか不安に感じる可能性も大いにあります。

特に、個人情報が漏洩する事が多い昨今なので、
かなり繊細になられているお客さんも多いです。

だから、相手が少しでも不安に感じる行動は
できる限り避けなければいけません。

じゃあ、どういう風な挨拶をすればいいでしょう?

「お名前をお伺いして宜しいですか?」

と名前を相手に聞くことです。

相手に名前を言って頂く、という事です。

そうすれば、間違えるリスクを負う必要も無く、
相手に個人情報の漏洩の心配をさせる事もありません。

こういう細かいことが出来ていないサロンもあるので、
一つ一つ潰していった方が良いと思います。

集客出来ているお店って、
別に他の人があっと驚く事やっているというよりも、
基本的な部分をしっかり抑える事で集客出来ています。

でも、集客出来ているお店にとっては普通でも、
集客出来ていないお店からしたら「えっそんな事やってんの?」
と思うこともあるかもしれません。

でも、本質は「相手を不安にさせない」
「安心させる」って事を考えていれば、
名前を呼ばない、のようなテクニックは自然と出来ているはずなんです。

だから、「名前呼んじゃってた」部分が問題というよりか、
お客さんの事を配慮しきれていない事が問題だと捉えて欲しいです。

そして、もっとお客さんの事を知る努力をするべきですね。

知れば知る程、自然と配慮も出来るようになるはずですから。

無料レポート「絶対コケない事業展開に必要な5つのステップ」

本書籍は、事業・集客の改善を真剣に考えている、個人起業家・店舗経営者・小・中規模ビジネス経営者様、もしくは、起業したばかりで集客を学んだことが無い方のためのコンテンツです。

机上の空論ではなく、実際に僕がサポートさせて頂いているクライアントの事例を元に、なぜ彼らが着実に積み上げていく形で事業を成長させる事が出来ているのか、について僕なりに分析して、必要な5つのステップに立て分けました。

以下が具体的な事例になります。

  1. 人口55000人の街で社長と秘書の二人で1.1億円の売り上げを上げているリフォーム会社
  2. 問合せ数2件から実質3ヶ月で197件に増えた自宅マッサージサロン
  3. フリーランスのグラフィックデザイナーから高額個別コンサルティングで生計を立てられるようになった学生さん
お名前
メールアドレス