会社名に込められた意味すらも再定義してしまえばいい

この記事は1分で読めます

最初の1年目で一気に稼いだはいいけど(だいたい月商1000万円)、その後ビジネスを組んでいたパートナーの裏切り等もあったりで事業経営が傾き、本当にどん底を経験している会社のテコ入れに入っているのですが、会社の立て直す具体的な手順どうこうよりも、一番大事になってくるのが「経営者としてのメンタリティ」を整える事が再優先事項だな、と。

過去の失敗に引っ張られすぎて、今目の前にあることを解決する際に必要な行動量、突き詰めれば「情熱、決意、覚悟」っていう精神的にたどり着くのですが、それが積み重ならないんですよね。

確かに眼の前に山のように積み重なっている課題を一つ一つクリアしていくことを考えるだけで気が滅入る気持ちは分かるのですが、ただ闇雲に取り組むのではなく、優先順位を決めて、他社の基準ではなく、自社の実現したいビジョンを達成するために必要なものだけに時間、お金、努力を費やす事が必要になる。

そして、丁寧に問題を見ていくと、忘れてしまいたいような事業を傾けるきっかけになった出来事さえも、会社の特徴として打ち出すことが出来る。この事を僕は「再定義」と呼んでいます。

立ち上げ当初に一緒に大変な時を過ごした、最終的には裏切られる形になってしまったけれど、その人物によって付けられた会社名でさえ再定義を駆使すれば、一つのストーリーになり、共感を生み周囲に広げるのに役に立つコンテンツに昇華させる事が出来る。それは、エピソードが存在するから。

また、クライアントとやり取りをしていると、負け続けているので、負けるのがクセになっていて、別に負けることによっての悔しさというのが沸き起こらない状態になっているから、負けることによって発生する行動するのに必要なエネルギーが手に入らない。

勝負点を明確にし、勝ったのか負けたのかハッキリさせる。いちばん大事なのは、勝って何を学べるか、負けて何を学べるか。勝ったか負けたかわからない状態では、学ぶものを見つけるのが難しいから。

一歩一歩新しい行動を起こし、新しいデータ、体験を積み重ねていくことで成長していける、そういう地味だけれど着実に自社に、スタッフに、お客さんに利益を還元できる会社にしていきたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

Yuzuru Ishikawa(石川譲) 石川譲(ゆずる)。S56年東京都出身ニュージーランド在住。「欲しいライフスタイルがあるなら、自分で作ればいい」をモットーに、店舗ビジネス、小規模ビジネスの集客、経営のサポートを行う。サポートする経営者は、「週休3日」「1日お客さん2人まで」「競合と戦わないニッチ戦略」を中心に、家族持ちや子育て、介護で忙しい人でも自由に結果を出せるようになる為の仕組みづくりが好評。コンサルティング実績は、アロマサロン、リンパドレナージュなどの美容サロン、ボイトレ、英語、アーユルヴェーダ、などのコーチ、会計士、印刷会社、不動産ソフトウェア、文房具店などの中小企業で月間売り上げを数十万円~数百万円アップさせる。高額コンサルティングはキャンセル待ち状態。

詳しいプロフィールはこちらから
石川譲の公式フェイスブックは こちらから
石川譲の公式ツイッターは こちらから
石川譲の公式リンクトインは こちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

自社の歩み、ビジネスパートナーとしての活動、経営者としての気づきを呟いているグループ

石川愛用ツール