どのようにすれば「神社」や「お寺」が集客で困らなくなるか?

この記事は7分で読めます

神社や寺も、時代の流れには逆らえなくて、他のビジネスと同様、神社や寺への集客に困っているのが実態です。

実際に先日、神社の方から集客の相談を頂きました。ご紹介させて頂きます。

石川様。はじめまして。

私○○にあります神社にて宮司をしております○○と申します。
突然のご連絡ご容赦下さい。
早速ですが神社の運営につきまして今後について悩んでおります。

日々のお勤めの中で今まで何とかやってこれましたが、
更なる発展を考え色々な事を行ってみましたが、
基本が出来ていないためにどうもテクニックばかりのアドバイスを行って
更に迷走してしまっております。

こういった状況で、又神社なのですが、ご対応頂けますでしょうか
ご検討、ご返信よろしくお願い申し上げます。

この方は神社の宮司さんですが、お寺も同じような状況だと思います。

 

これは僕の意見ですが、実際にお寺とか神社自体が無くなるとは思っていません。

ですが、今と同じ利用方法で生き残る事が出来るとは思いません。

おそらく、8割ぐらいの寺が収入減で採算が取れなくなっていくでしょうね。

 

そんな厳しい状況で、どのようにすれば「神社」や「お寺」が集客で困らなくさせる事が出来るか?、という話をします。

 

まず集客に困らなくなるための前提として、「集客に困る人の共通点」を一つお伝えします。

その一つが「テクニックに走る」という傾向性です。

 

上記のご質問と今の状況を読んだ限りでは、見事に「集客に困る人の共通点」に当てはまる「テクニックに走る」という行動をしています。

ただ、そこに気がついて僕に質問をしてくれていますので、これからの行動次第でいくらでも集客を改善することは出来ます。

 

実際に小手先のテクニックを使うと「集客が出来るようになります。」でも、集客に困らない状態にはなりません。

そして、この方の場合は既にテクニックだけじゃ「集客に困る状態からは抜け出せない」と感じ始めたので救いようがありますが、分かっていない人がまだまだ多い世の中です。

 

ともあれ、集客というのには本質があって、それが分かれば、お寺だろうが神社の集客だろうがサロンの集客も出来ます。ただし、集客に困らない状態を作るためには、人が集まり「続ける」事が必須です。サロン等で言えば、「リピート客を獲得すること」です。そして、この「リピート客を獲得する」為には、

 

「提供している商品やサービスがお客さんの悩みを解決してくれる」

 

のが大前提です。基本的に「お客さんのニーズを解決できるもの」を提供しなければ、お客さんがその商品やサービスを手にする理由が無くなるので、結局人は離れていきます。

寺とか神社の事を多少リサーチしてみましたが、「お客さんのニーズを満たす」事を意識している寺や神社が少ないので、そこをまず見直した方がいいですね。

 

こういうと、「新しい商品やサービスを作らないと駄目」だと勘違いする方もいますが、違います。

逆に言えば、真新しく「なにそれ?」ってお客さんに思われるようなもの作っても「ニーズを満たしていない」ものであれば、作るだけ無駄です。

じゃなくてまずは「昔から馴染みのある」人が知っているモノで、「神社や寺にとっての理想のお客さんのニーズを満たすもの」「いかにして伝えるか」を考えたほうがいいです。

 

まとめると、

1,誰に?(あなたの神社やお寺に参拝しに来てほしい理想のお客さん像)

2,何を?(その神社ならではの商品やサービス)

3,どうやって?(どうやって1番で決めた人を集めるか?)

 

この3つをあなたの神社やお寺に落とし込んで考えてみて下さい。

 

実際にあなたがやってみると分かると思いますが、どのステップでも躓く可能性はありますが、特に3番の

「どうやってお客さんを集めるか?」

というステップが全く分からない状況の人が多いようです。

 

でも、意外と身近に出来ることで、大したスキルも必要なく実践できる集客法というのは山のようにあるんです。

 

例えば考えてほしいのですが、神社とか寺でも、たくさんの人が参拝している場所はどこでしょうか?

答えは簡単で、

「人がたくさん集まっている所」

なんです。

だから、人をたくさん集めたいんだったら、まずは人をある程度集めないといけません。そう言うとおそらく

 

「それが出来ないから困っているんじゃないですか!!」

 

という苦情が入りそうなんですが、そういう人に一つ聞きたいのが、

「じゃああなたは人を集める為にどういう工夫をしましたか?」

という事です。

 

僕がパッと思いつくだけで、

  • 神社の最寄りの駅前とかに行って、こういう神社がありますよーとかって宣伝しましたか?
  • 自分の知り合いに頼んで来てもらう努力とかしましたか?
  • おみくじに工夫入れましたか?
  • 神社を訪れてくれる一人ひとりの顔、思い浮かびますか?
  • 何人と直接話しましたか?
  • どれだけの人の悩み相談しましたか?

これぐらいの事は、現段階でも出来るはずです。

 

おそらく、人が入っていない神社とか寺であれば、そこまで忙しくないはずです。

であれば、もっと「どうやったら人が入ってくれるんだろう。。。」という事頭ばかり使うのではなくて、「どこに行ったら、もっとうちの神社、寺の事を知ってもらえるだろう?」と考えて、「足を使って宣伝出来ないか?」と考えて見て下さい。

 

そういう泥臭い草の根の活動、ほとんどの宮司さんとかはヤラないイメージが僕にはあります。

おそらく「ダサく見られたくないから」とか、「人が入っていないのをモロに公言するみたいで、そんなの俺がやることじゃない!」みたいに考える人もいると思います。

でも、本当に自分の神社とか寺に来たことがキッカケで、お客さんの悩みが解決できて、人生が少しでも良くなる自信があって、その為に神社に呼びたいのであれば、それぐらいの事はやりましょう。

 

「ダサいとか、変なプライドが邪魔してそういう泥臭いことやらないんだったら、ほんなら集客諦めた方がいいですよ」

と本気で思います。なぜなら、人の悩みを解決する事に本気じゃない神社に訪れるお客さんが一番かわいそうだからです。

 

神社と言っても、「人が来る神社」と「人が来ない神社」に分かれています。

そして実際に今人がメッチャ来ている神社って、他の人もたくさん行ってるんです。

だから、「ほんなら俺もそこいこー」とか、「あそこの神社のおみじく当たってたから、また今度もいこー」みたいになって、そういう噂が勝手に広まって来るようになるんです。

 

運営が苦しくなっているって事は、神社に来られる人の数が絶対に減っているわけです。

そこで「なんで減っているの?」と考えた時に、そもそも神社に行く人の人数が増えているのか、それとも他の神社に行くようになっているのか?という事を考えないといけません。

神社に行く人の人数が増えているのかどうかは、僕はちょっと分かりません。

ただ、僕の知っている人とかはむしろ最近行き始めた人もいます。

そこで一つ気がついたのが、「行く場所を選んでる」という事です。

 

要するに「比較されている」という事ですが、それを前提に考えると、「選ばれる神社にならないといけない」という事です。

 

ということは、「選ばれるためにはどうしたらいいのか?」というのを必死に考えないといけない。

その為に、まず1番神社の人が考えるべき事は、最初に方でお伝えした、

 

1,誰に?(あなたの神社やお寺に参拝しに来てほしい理想のお客さん像)

2,何を?(その神社ならではの商品やサービス)

3,どうやって?(どうやって1番で決めた人を集めるか?)

 

の1つ目である

「誰になぜ神社に足を運んで貰いたいの?」

って事を明確に決めることが大事になるわけです。

 

僕らは、自分たちのメッセージを発信するだけじゃなくて、発信したメッセージを受け取ってもらいたい、そして、受け取るだけじゃなく読んでもらい見てもらい、それで相手のニーズを満たして、心を動かして欲しいわけです。

その為には、どういう人にメッセージを送るのか分かっていないと、

・何を話せば感動するのか?

・何を話せば喜ぶのか?

・何を話せば悲しむのか?

・何を話せば楽しんでくれるのか?

分かりません。

 

だから、僕らとして出来ることは、僕らが来て欲しいお客さん、助けたいお客さんを決めて、その人達の事を「知る」ことで、ターゲットに当てはまるお客さんだけが心を動かしてくれて、その結果、来て欲しいお客さんが来るようになるわけです。

 

もちろん、ターゲットを決めるのは口でいうほど簡単ではありません。ましてや、今までターゲットなど作った事が無い人にとっては、大きな挑戦だ、というのは僕も色々なクライアントと話していてよく知っています。

ただ「じゃあテキトウに作っていいか?」と言うとそうではなくて、僕はこの「ターゲット設定」が「ビジネスが成功するか」の大きな鍵を握っていると思っています。

なぜなら、集客するためにメッセージを送っているのに、そのメッセージが響かなければ、折角良いスキルや技術、環境を持っていたとしても、お客さんに体験してもらえないからです。

それと、ターゲットとはまた別に、「エンターテイメント性を含める」のも大事です。

 

なんか小難しい宗教の理念とか哲学なんかは最初は一切使わずに、普段から神社とか神道、宗教に馴染みの無い人でも

「あーそれ面白い!今度友達と行ってみるわ!」

っていう反応をしちゃうようなストーリーってのを作らないと駄目な時代に入ってきていると感じます。

 

神社のライバルは神社じゃなくて、ディズニーランドだったり、地元の遊園地とかDSやカラオケボックス、友達とのお茶だったり、勉強カフェとかセミナー、講演だったり。

要は、「人の時間面積を奪おうとしている企画全てがライバル」なわけなので、極端に言えばそういう人たちに

「スマホゲームじゃなくて、カラオケボックス行くよりも、やっぱり神社に行かないとね」

っていう反応をしてもらうためにどうしたらいいのか?って考えないと駄目という事です。

 

例えば、神社で言えば神道なんだから、自然をリスペクトすると言うのが根幹にあるのであれば、じゃあどういう形で自然を守るべきなのか?という事考えてみてはどうでしょうか。

他にも、神社を掃除するなんてのは当たり前だから、普通に地域でやっている清掃活動とかに参加したり、ゴミ拾いとか道でやる企画を神社が企画したり、もっと地域の人たちと仲良くしていって、縦の繋がりじゃなくて、もっと横のつながりを強くするのも一つのアイデアだと思います。

 

という感じで、今の時点で人がそこまで集まっていなくて満足してないのであれば、同じことをしてても何も変わらないし、むしろ訪れてくれる人が減っていくのは分かってるので、「人が来るのを待つのではなく、もっと人に寄っていかないといけない」と思いますね。

 

ただこれって、寺、神社だけの話じゃありません。

 

既に聞いたことがある方もいるかもしれませんが、マイケルオズボーンって人は、

「今後10~20年の間に消える仕事・残る仕事」

というリストを、あくまで予測ですが提示しました。

リストは以下のとおりです。(雇用の未来より)

銀行の融資担当者
スポーツの審判
不動産ブローカー
レストランの案内係
保険の審査担当者
動物のブリーダー
電話オペレーター
給与・福利厚生担当者
レジ係
娯楽施設の案内係、チケットもぎり係
カジノのディーラー
ネイリスト
クレジットカード申込者の承認・調査を行う作業員
集金人
パラリーガル、弁護士助手
ホテルの受付係
電話販売員
仕立屋(手縫い)
時計修理工
税務申告書代行者
図書館員の補助員
データ入力作業員
彫刻師
苦情の処理・調査担当者
薄記、会計、監査の事務員
検査、分類、見本採集、測定を行う作業員
映写技師
カメラ、撮影機材の修理工
金融機関のクレジットアナリスト
メガネ、コンタクトレンズの技術者
殺虫剤の混合、散布の技術者
義歯制作技術者
測量技術者、地図作成技術者
造園・用地管理の作業員
建設機器のオペレーター
訪問販売員、路上新聞売り、露店商人
塗装工、壁紙張り職人

もちろん、ここに載っている職業だけじゃなくて、先程取り上げた寺や神社に関しても全く同じことが言えます。

そこら辺は、時代の流れを読んでいればある意味誰でも分かることではあります。

 

当然一覧にも載っていない職業でも無くなります。この理由ってのは、前にもお伝えしたと思いますけど、

・グローバル化
・機械化

の波ですね。

ただし勘違いしない欲しいのが、職業自体が無くなるってわけではありません。

そうではなくて「ほとんどのお店の売上が落ちて廃業しないといけなくなる」という状況が訪れるという意味です。

 

逆に、そういう状況でも生き残るお店も当然あります。

じゃあ「そういうビジネスを作るためにはどうしたいいのか?という事を考えないといけない」という事です。

僕はその理解を助ける為の情報をこのブログやメルマガ、またツイッターやFacebook等で配信しています。

 

例えば、Facebookやブログを毎日投稿するとか、LINE@やTwitter、Instagramで毎日情報発信するとか、そういう事は生き残るためにやることとは逆行しています。

僕に相談してきた宮司さんが言っている通り、基本が出来ていない人が、いくらテクニックに頼る集客を行っても更に迷走するだけです。

ここでも勘違いする人がいるかもしれないので一応言っておくと、別に毎日更新や情報発信することがいけないわけじゃなくて、毎回の更新で、いいね、を貰える数が少ない人がやるじゃないですよ、って事です。

機械化って言うといいことばかりのように感じますけど、別にそんな事無いんですよ。

もちろん効率は上がるし、生産性もあがる、正確性も格段に上がると思いますよ。でも、だからこそ、人間の非効率的な作業だったり、生産性があまり上がらない活動だったり、間違いをしてしまう不器用さだったり、ってのが光るんですね。

要は、全て正確だと結果が見えているから全然おもしろくないじゃないですか。人間って、何が起きるかわからない時にドキドキしたり興奮したり、心臓がバクバクなったりするでしょ?でも、これが最後の結果が分かってたら、全然ドキドキしないじゃん。それって面白くないでしょ。

だから、こういう「面白さ」を提供する上では人間の方が機械よりも100倍優れているって事だから、だったら機械と同じ土俵で勝負なんてしないで、人間のいい所を表に出して勝負したらいいんじゃね?って俺は思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
集客メールセミナーへの無料参加は以下の登録フォームよりお願いします。
お名前
メールアドレス
 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

Yuzuru Ishikawa(石川譲) 石川譲(ゆずる)。S56年東京都出身ニュージーランド在住。「欲しいライフスタイルがあるなら、自分で作ればいい」をモットーに、店舗ビジネス、小規模ビジネスの集客、経営のサポートを行う。サポートする経営者は、「週休3日」「1日お客さん2人まで」「競合と戦わないニッチ戦略」を中心に、家族持ちや子育て、介護で忙しい人でも自由に結果を出せるようになる為の仕組みづくりが好評。コンサルティング実績は、アロマサロン、リンパドレナージュなどの美容サロン、ボイトレ、英語、アーユルヴェーダ、などのコーチ、会計士、印刷会社、不動産ソフトウェア、文房具店などの中小企業で月間売り上げを数十万円~数百万円アップさせる。高額コンサルティングはキャンセル待ち状態。

詳しいプロフィールはこちらから
石川譲の公式フェイスブックは こちらから
石川譲の公式ツイッターは こちらから
石川譲の公式リンクトインは こちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「お金よりもプライベートな時間が欲しい」という店舗ビジネス、小規模ビジネスの方が成功する為の10日間集客メール講座

お名前
メールアドレス

石川愛用ツール