事業設計

ボロ雑巾のごとく動く、動く、動く

先日、自分のLINEに

「いま、横浜に来ています。喉が痛いのでマヌカハニーを買いたいと思っていて、こちらに辿り着きました。」

という問い合わせがありました。

オンライン上には会社のLINE,メッセンジャー、もしくは代表の電話に連絡が繋がるようにしているのですが、僕自身もマヌカハニーの事などブログで書いていたからか、僕のLINEをどこからか探してわざわざ探して連絡してくれたんですよね💦

その方とLINE上でやりとりをしている限りでは、

・濃度が濃い方がよいのは知っている
・急遽必要で、一つ取り急ぎ買いたい
・届けて頂けるなら、大きくてもお高くでも良い

など、とにかく手に入るならなんでも良い、というのが伝わってくるメッセージでした。

代理店で店舗を持っている方のところには、「熱が出たから、買いに来た」というのは、何度もありますが、このように当日LINEから「喉に効き小さくてお安いのでも、急遽ほしいのです。」と言われる方(しかも僕に連絡が😅)は過去にあまりいなかったので、早速代表に連絡して直接やり取りして頂きました。

結果、ちょうどすぐに届けられる場所にはおらず、届けることは叶いませんでした🙍‍♀️

ただ、「朝から色々とありがとうございます。横浜の素敵な親切な方々に感謝です🍀」とおっしゃられて、ご自宅に戻ってからネット注文していただける事になりました。

「1人のお客様のためにそこまでする?」という意見もあるかもしれませんが、1人を大切にするという誠実な姿勢を大切にしたいっていう理由もありますが、そもそもマヌカハニー市場において弊社は完全に後発なので、とにかく、休んでいる場合じゃないんですよね😀

だから、代理店さんの先頭を立つ僕らは、ボロ雑巾のごとく、とにかく動く、動く、動く。とにかく手数を増やす。当たり前の事に当たり前のように毎日取り組んでいく。

もしかしたら、このように当日に届けて欲しいという問い合わせは今回限りかもしれませんが、今までつかめなかったチャンスをつかめるようになるためにも、「1」に手を抜かない。

ということで今年もあと2ヶ月ですが、止まらずに動き続けます!

数年間答えを出せなかったあなたのお悩みを、石川が60分で解決します!

石川の事業相談窓口では、お一人45分から60分の時間を設け、あなたの事業課題を石川が解決するサービスです。

事業の現状や課題を10分から15分でヒアリング、その後30分から45分かけてその課題に対して「必要な設計」、さらにその設計を実行するための「アクションプラン」まで、石川が導きます。

僕の事業はいずれも伸び続けていますが、何か特別なことをしているわけではありません。

事業の原理原則に則って、当たり前の事を当たり前のように積み上げているだけです。

積み上がる事を積み上がるように設計し、途中で迷ったり悩まないようにアクションプランを計画し、あとは自分に課した約束を守り切る為に全力で行動しているので、当然の結果なのです。

何をやるのか決めて、迷わず悩まず全力でアクセルを踏めるようになった結果成果が出るべくして出る状態になる事、それがこの事業相談窓口の最大の目的です。