マーケティング

認知してもらうためには、こだわりを捨てないといけない?

お客さんの無料相談に乗っているときによく、

「認知してもらうためには、こだわりを捨てないといけないと思って」

という言葉を聞くことが多いのですが、あなたはこの意見どう思いますか?

僕は、

「ある意味正しくて、ある意味間違っている」

と思います。

 

まず正しいの意味から解説すると、お客さんに自分のビジネスを認知してもらうためには、自分のこだわっている事を捨てないといけない時もあります。

例えば、自分はFacebookが好きだから、Facebook集客には挑戦するけれど、オフラインの集客は苦手だからしない。という感じです。

もちろん、Facebook集客が好きでFacebookから集客が出来ているのであれば止めません。

でも、僕に相談に来ている時点で、Facebookからの集客が出来ていないのですから、まずは好き嫌いは置いておいて、お客さんを集客できる媒体を選ぶべきです。

それが結果的にFacebookからの集客であればラッキーですし、そうじゃ無かったとしても、集客に困らなくなるのであれば、悩みは解決するわけです。

 

にもかかわらず、集客に困っている方は、集客に困らなくなるやり方かどうかで判断せずに、自分の好き嫌いでやることを選ぶ傾向にあると思います。

好き嫌いは確かにビジネスを作っていく上で大事な要素ですが、まずはそこに「こだわらず」に、自分の困っている事を解決することにフォーカスしましょう。

その結果、最短最速で悩みが解決して、集客に困らないビジネスが出来上がります。

 

というのが「正しい」という意味で、次に「こだわりを捨てるのが間違っている」という意味について説明します。

 

僕は常々クライアントに

「ジャンルを絞りましょう」

という事を言ってます。

なぜなら、ジャンルが広ければ広いほど、お客さんに認知されにくくなるからです。

例えば、マッサージサロンや治療院をやられている方に多いのですが、

「どんな痛みでも治します!」

的な事をウリにしている方が多いのです。

ですが現実は、これだと逆にお客さんに選ばれるのが難しくなります。

 

ちょっと考えてみてほしいのですが、もしあなたが「腰痛」で困っているとしたら、以下の2つの治療院のどちらを選びますか?

1,腰痛患者数日本一の治療院
2,腰痛、肩こり、首痛から自立神経失調や姿勢矯正にも対応している治療院

多くの人が「一番」を選ぶと思います。この理由ってあなたは分かりますか?

 

これは人間の心理なのですが、「専門性」を打ち出しているビジネスほど、お客さんには「こだわっているお店」だと認識されやすいです。

こだわっている治療院だと認識されれば、

「自分の悩みを解決してくれそうだな」
「こっちの方が信頼性が高そうだな」

とお客さんは思ってしまうのです。

たとえそれが、実際は「何でも屋」さんの方が、実力はあったとしてもです。

 

お客さんは選ぶ時点では本当の実力は分かりません。施術を受けてみて初めて、

「これからも通いたい院だな」
「次も来たくなるサロンだわ」

と感じるのです。

だから、お客さまが最初にビジネスを選ぶ基準は

「あなたに実力があるから」

なのではなくて、

「あなたには実力が”ありそう”だから」

という感じで選ぶのです。

この点を勘違いしている方が多いから、集客に困らなくなるために自分の実力を磨いたり、提供する商品のこだわりを捨てて、どんなお客さんも受け入れたりして、結果的に集客に困る状態から抜けられないのです。

 

なので、あなたがまだ集客に困っているのであれば、まずジャンルを絞って専門性を打ち出しましょう。

その結果、お客さんの目に止まりやすくなり、結果的にあなたのお客さんが増えて、しっかりお客さんのニーズを引き出すことが出来て、お客さんの悩みを解決できれば、あなたは絶対に集客には困らなくなります。

 

ただ、どうやって専門性を出したらいいか分からない?

と思われたのであれば、ぜひ僕の無料相談をご利用下さいね。新しい可能性が開けるのを実感出来ますよ。

無料レポート「絶対コケない事業展開に必要な5つのステップ」

本書籍は、事業・集客の改善を真剣に考えている、個人起業家・店舗経営者・小・中規模ビジネス経営者様、もしくは、起業したばかりで集客を学んだことが無い方のためのコンテンツです。

机上の空論ではなく、実際に僕がサポートさせて頂いているクライアントの事例を元に、なぜ彼らが着実に積み上げていく形で事業を成長させる事が出来ているのか、について僕なりに分析して、必要な5つのステップに立て分けました。

以下が具体的な事例になります。

  1. 人口55000人の街で社長と秘書の二人で1.1億円の売り上げを上げているリフォーム会社
  2. 問合せ数2件から実質3ヶ月で197件に増えた自宅マッサージサロン
  3. フリーランスのグラフィックデザイナーから高額個別コンサルティングで生計を立てられるようになった学生さん
お名前
メールアドレス