コンサルティング業界の問題

この記事は3分で読めます

新年が始まってクライアントとのスカイプ三昧です笑

あとは、見込み客とのやり取りもめっちゃやってて、で、こうやって話を徹底的に見込み客とするだけでも、かなりマーケットのリサーチって出来ちゃうもんです。

例えば、こんな感じで見込み客から意見貰えるんですよ。

ーーーーーーーーーーここからーーーーーーーーーー

コンサルも同じで、ある程度クライアントの力量とかステージを把握していないとダメだと思うんですよね。

で、それによってこのくらいの作業量は必要ですよ〜って感じでコンサルしてもらえるといいなと思います。

僕のところに来る人も作業はたいしてしていないけど、目指すところは大きいって人がほとんどで、ほとんど現実をお話しするとへたれます(笑)

で、クライアントには最初にコミットしてもらうことが大切だと思ってます。そこまで「やりきる」ということを。

そうしないとこちらの予測している結果ってでないですね。

石川さんのように本当の意味で返金保証しているコンサルがどのくらいいるのか知りませんが、だいたいは小出しだし、最後まで話さないですよ。

それが飯の種だってほとんどのコンサルが思ってます。

ーーーーーーーーーーここまでーーーーーーーーーー

で、ここからが僕の返事。

ーーーーーーーーーーここからーーーーーーーーーー

クライアントの力量とかステージは、コンサル始まってからじゃないと分からないのが現実だと思います。

こういうタイプだなって分かったら、それに合わせてアドバイスしていくって感じで、そのプロセスすら省いて最初っから的確なアドバイス出来る人なんていたら、天才じゃないですかね?

僕のところにはそんなに高み目指して無くて、ってかもっと目指したほうがいいでしょ、って人の方が多いです。

だから逆ですね。

「もっといけるよ!」

って感じで常に励ましている感じです。

最初からコミット出来れば当然良いんですけど、現実問題それが出来る人ってたかが知れていると僕は思います。

だから、コミット出来ていない人をいかに上手くサポートしていくのか?ってのがコンサルの腕の見せ所だと僕は思っています。

僕は逆に最初っから

「やる気まんまんです!」

って言う人の方が怪しいな−って思うタイプです。

逆に「コミットしている部分もあるんですけど、うーんちょっとまだ本当の意味で出来ているかわからないんですけど。。」

みたいに答えが中途半端な人の方の言葉の方が信頼置けますね。

まあ僕もコンサルでは無いですけど、市場調査目的で一つアカデミー的なのに入りましたけど、ほんとしょーもないやつは確かにいますね。

いい経験でした。お客さんとしてどういう気持になるかわかったので。

僕はお客さんとガッツリ組む事が好きなので、かるーい感じのやり取りだと当然関係もその程度になって、そういう薄いのだと全然盛り上がらないんで、

ガバーッと包むっていうか、それぐらいのが僕は好きです。

1口100万を集めたいのであれば、本気の本気なのであれば、マジマンパワーでどこまで集まるのか試してみる事を勧めますね。

で、「いやーそれは大変だから」っていうのであれば、ちょっと僕は協力は出来ないです。

やれば集まるのに大変だから、っていう理由でやらない程度の志の人をサポートすることほど時間が勿体無いって思うことって無いので笑 

すいません、ストレートに言ってますけど、僕も中途半端に手伝いたく無いので。

一口100万円を100人かー。かなりの信用残高必要だな−。

ーーーーーーーーーーここまでーーーーーーーーーー

正直、今の時代に情報を小出しにしている人が未だにいるって事に、僕は衝撃を隠せませんでした。

別にそういうやり方が悪いのではなくて、希少性の高い情報を常に手に入れられるのであればいいですけど、そういうやり方ってしんどいと思うんですよね。

しいて言えば僕も希少性の情報持っていますけど、その情報手に入れるやり方は全然しんどくないです。

僕が持っている希少性の高い情報ってのは、

「クライアントの事例」

だからです。

要は、コンサルとか悩み相談をして頂いた情報が、そのまま希少性の高い情報になっているからです。

今の世の中たくさんの情報が無料で手に入る時代。

そういう時代って、何を言うかという「コト」に繋げるよりか、誰が言うかという「ヒト」に繋げる事で価値を上げられる、と僕は思ってます。

マーケティング的に言えば、LTV(ライフタイムバリュー)は、ヒトに繋げたほうが生き延びやすいと僕は思います。

なぜなら、体温が通っているから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
集客メールセミナーへの無料参加は以下の登録フォームよりお願いします。
お名前
メールアドレス
 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

Yuzuru Ishikawa(石川譲) 石川譲(ゆずる)。S56年東京都出身ニュージーランド在住。「欲しいライフスタイルがあるなら、自分で作ればいい」をモットーに、店舗ビジネス、小規模ビジネスの集客、経営のサポートを行う。サポートする経営者は、「週休3日」「1日お客さん2人まで」「競合と戦わないニッチ戦略」を中心に、家族持ちや子育て、介護で忙しい人でも自由に結果を出せるようになる為の仕組みづくりが好評。コンサルティング実績は、アロマサロン、リンパドレナージュなどの美容サロン、ボイトレ、英語、アーユルヴェーダ、などのコーチ、会計士、印刷会社、不動産ソフトウェア、文房具店などの中小企業で月間売り上げを数十万円~数百万円アップさせる。高額コンサルティングはキャンセル待ち状態。

詳しいプロフィールはこちらから
石川譲の公式フェイスブックは こちらから
石川譲の公式ツイッターは こちらから
石川譲の公式リンクトインは こちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「お金よりもプライベートな時間が欲しい」という店舗ビジネス、小規模ビジネスの方が成功する為の10日間集客メール講座

お名前
メールアドレス

石川愛用ツール