同じ方向を向くのが大事。

この記事は3分で読めます

最近クライアントと話していて、コミュニティーを作る事の難しさを感じていたのですが、コミュニティーの形にも色々あっていいのかな?というのが、僕の最近の結論です。

ちなみに、そもそもコミュニティーって何の為に作るのかと言えば、ビジネス的に言えば、それは「集客するため」に必要になります。

なぜなら、このコミュニティーが出来ていないと、なかなかリピートされません。

 

リピートされないビジネスだと、永遠に新規集客に必死にならないといけなくて、そうなると自然と疲弊して終わります。

自分で楽しくビジネスをしながらも、しっかりとプライベートを充実させる。やりたいこともやる。そこを目指すためには、リピート客は絶対に必要です。

 

ところで、コミュニティーって何イメージします?

芸能人とかスポーツチームがやっぱり一番最初に思い浮かびますかね?

 

例えば、地元のJリーグのチームだったり、巨人とか阪神ファンのコミュニティーだったり、あとは、浜崎あゆみとかAKBとか歌手のコミュニティーだったり、あとはお笑い芸人のコミュニティーもありますね。

僕で言えば、地元の息子のサッカーチームだったり、地元のラグビーチームだったり、地元の娘が通っている体操アカデミーだったり、僕はAdeleとかPinkとかEd Sheeranという歌手だったり、などがぱっと思いつきます。

 

ただ、物理的な世界である必要は必ずしもありません。メルマガだったり、FBグループ、2チャンネルだったりでも、コミュニティーって呼ばれているじゃないですか。

でも、そういうグループの中でも、コミュニティーと呼べるものと呼べないものがあります。

これはあくまで僕の「コミュニティー」に対しての定義に当てはまるかどうかの話ですので、世間一般で使われているのとは違うかもしれませんが、僕の中での定義はいくつかあります。

 

その中でも絶対に外せない2つが、

1,理想の世界がある
2,リーダーとメンバーは同じ方向を向いている

です。

 

まず「理想の世界がある」というのは必須です。目指している実現したい夢とか世界があるって事です。

一言で言えば、

「こういう状態になれると、幸せだよね」

という状態が理想の状態って事です。

 

僕で言えば、集客が出来るだけじゃなくて、集客で困らない状態になれれば、ビジネスとしては幸せだと思うんですよ。

だから、そういう状態になりたい人が、僕のブログやLPを読んで共感してくれて、今現在僕のメルマガ等を読んでくれているわけです。

なので、石川さんが目指している世界があって、

「こういう状態になれれば、幸せですよね」

というのが決まっていれば、それをお客さんに示していく必要があります。

 

もしまだ目指している世界が決まっていなければ、まずはそれを決めることをオススメします。

なぜなら、テクニックとかスキルは、確かにお客さんを集めるのには有効ですが、それだけに頼るとリピーターがつきにくいです。

結局自分以上のテクニック、スキルを持っている人が現れた瞬間に、そのお客さんが離れていきます。

それだと長期的にビジネスをしていくのがしんどくなるので、最初のきっかけとしてはありですが、仲良くなる過程でしっかり理想の世界を見せていきましょう。

 

2つ目が

「リーダーとメンバーは同じ方向を向いている」

という事ですが、これは、リーダーが一歩前を歩いている感じで、その後ろをメンバーが歩いているイメージです。

 

ただ、ここで注意が必要なのですが「リーダーとメンバーがお互い向き合っていない状態」を作ることが必要です。

なぜなら、お互い向き合うと、双方ともにお互いの嫌なとこが見えてくるからです。

そうなると、理想の世界になんか、とてもじゃないけど到達出来ません。

 

例えば、先日僕がクライアントとの契約を切った話をしましたけど、この方の場合は、思いっきり僕の方を向き続けていました。

でも、僕はその人が集客で困らなくなってほしいので、クライアントにも同じ方向を向かせるよう促していたのですが、あくまで自分ではそっちを向こうとせずに、結局僕を向き続けて変わりませんでした。

なので残念ながら、今回はご遠慮して頂いたという事です。

ただ、ここで勘違いしてほしくないのが、「今は僕と一緒に歩くタイミングじゃないだけで、僕とはいつでも一緒に歩いてもいいですよ」という風に「出入り自由にしておく」のが大事です。

「あっちいくならこっち来なくていいよ」とか、「そのやり方が好きなら、こっちには来んなよ」みたいな器の狭い嫉妬心みたいなのを出してもしょうがないので、そこは気をつけましょう。

僕もその人との会話の最後には、「またタイミングあえば、いつでもお戻り下さいね」という一言を添えました。

ということで、小規模店舗ビジネスやコーチの方でも、理想の世界を見せて、一緒の方向向いて歩いていく、という事を意識するようにしてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

Yuzuru Ishikawa(石川譲) 石川譲(ゆずる)。S56年東京都出身ニュージーランド在住。「欲しいライフスタイルがあるなら、自分で作ればいい」をモットーに、店舗ビジネス、小規模ビジネスの集客、経営のサポートを行う。サポートする経営者は、「週休3日」「1日お客さん2人まで」「競合と戦わないニッチ戦略」を中心に、家族持ちや子育て、介護で忙しい人でも自由に結果を出せるようになる為の仕組みづくりが好評。コンサルティング実績は、アロマサロン、リンパドレナージュなどの美容サロン、ボイトレ、英語、アーユルヴェーダ、などのコーチ、会計士、印刷会社、不動産ソフトウェア、文房具店などの中小企業で月間売り上げを数十万円~数百万円アップさせる。高額コンサルティングはキャンセル待ち状態。

詳しいプロフィールはこちらから
石川譲の公式フェイスブックは こちらから
石川譲の公式ツイッターは こちらから
石川譲の公式リンクトインは こちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

自社の歩み、ビジネスパートナーとしての活動、経営者としての気づきを呟いているグループ

石川愛用ツール