同じメッセージとちょっとした変化を活動報告という形で発信し続ける

この記事は2分で読めます

事業のスケールを小さく描かない事が経営者には求められるなと。次に繋がる事業、連動させられる展開を描くのであれば、大きなスケールの事業を描かないと他の仲間が巻き込まれる余地が無くなり、結局は自社だけで小さくまとまってしまう。

自分の力だけではどうにもならないような雇用環境などを整えたいのであればなおさら。ビジョンの大きさや実現するための行動量を通して情熱が伝わり共感に変わり、今までに存在しなかったビジネスが生まれるはずだと信じて、常に同じメッセージを発信し続ける。

新しいビジネスアイデアって、こういう普段行かないところに出向いた時に浮かんだりする。自分で「きっかけ」を作り、そのきっかけの数だけ新しい道が拓ける可能性を生み出す。能動的に積極的に主体的に動き続けて毎日成長したい。

地域の特性に応じて組織の仕組みづくりから考える必要性を感じた貴重な時間。元となる公式は一緒だとしても、細かい調整は実際にテストを回して数字を積み上げてみなければ分からない。そこの特性に応じたマーケを取り入れた公式化にこれから取り組む。

実際に経営をしてみて初めて経営者の役割、経営の定義が見えてくる。

自社の中での経営の定義も今まで以上に明確に言語化出来るようになってきている感じがする。組織、プロダクト、マーケティング、判断軸の確立、軸に沿った事業を実現する力、人材配置、スタッフへの還元の仕方等、上げ始めたらキリがない。

だからこそ、自社にとっての経営とは何かを見つけないと上手く舵取りが出来ない。

固定観念を打ち破る先駆者として走り出す為には勇気が必要。今までのモデルが業界内には無いから、ある意味最初はギャンブル。だからこそ、失敗したら引き返す為の期限を決めて仮説、テスト、検証をする流れが大事。

このクライアントの場合は何度失敗しても立ち上がる覚悟があったので多少状況は違うけど、プロダクト自体の強さのお蔭で経営で悩むことは無いはず。組織化とマーケティングの部分はまだまだ改善の余地があるけれど、個人の心理カウンセラーとして起業1年目にしては上出来。

自社のビジネスに取り組む、起業して始める事を簡単にまとめると、

・市場を分析する

・分析をする

・隙間を見つける

・仮説を作る

・ベータ版を走らせてテストする

・データを集める

・検証して解を見つける

・公式化する

・隙間市場を席巻する

この順番。あくまで自社にとっての勝ちパターンであり、他社は違うかもしれない。

色々な正解があっていい。だからこそ自社の公式が差別化されるわけだから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

Yuzuru Ishikawa(石川譲) 石川譲(ゆずる)。S56年東京都出身ニュージーランド在住。「欲しいライフスタイルがあるなら、自分で作ればいい」をモットーに、店舗ビジネス、小規模ビジネスの集客、経営のサポートを行う。サポートする経営者は、「週休3日」「1日お客さん2人まで」「競合と戦わないニッチ戦略」を中心に、家族持ちや子育て、介護で忙しい人でも自由に結果を出せるようになる為の仕組みづくりが好評。コンサルティング実績は、アロマサロン、リンパドレナージュなどの美容サロン、ボイトレ、英語、アーユルヴェーダ、などのコーチ、会計士、印刷会社、不動産ソフトウェア、文房具店などの中小企業で月間売り上げを数十万円~数百万円アップさせる。高額コンサルティングはキャンセル待ち状態。

詳しいプロフィールはこちらから
石川譲の公式フェイスブックは こちらから
石川譲の公式ツイッターは こちらから
石川譲の公式リンクトインは こちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

自社の歩み、ビジネスパートナーとしての活動、経営者としての気づきを呟いているグループ

石川愛用ツール