「同一線上の勝負は疲弊するだけ」という事に気づきましょう

この記事は3分で読めます

まず、僕がクライアントに対していつも言っているのが

・同一線上の勝負をしない事

です。

要するに、同じサービス、
似たようなサービスを提供して勝負をしてはいけません、という事です。

これは、何かしらの「付加価値」を付けて ビジネスを展開して下さい、という意味です。

僕はこの部分、特にビジネスを始めた頃から意識していました。

例えば、僕は最初は副業でアフィリエイトというビジネスを始めたんですけど、
簡単に言えば、ウェブサイトを作ってそこで商品を売って、
売った価格の30%とか40%をコミッションとして貰うっていうビジネスでした。

2010年当時は、既にネットビジネスで一攫千金を得ることが出来た人が徐々に出てきていて、
僕が参入した時には、既に飽和しているって言われていました。
(今から見れば、全然飽和してなかったんですけどね)

ただ、当時素人だった僕から見ても、
あんまり力の無い、ただお金だけ稼ぎたいって人が増えてきているのは感じていました。
ま、僕もその一人だったのですが笑

で、僕が取り組んだ方法は、ウェブサイトを通して商品を売るアフィリエイトでした。
簡単に具体的な話をすると、1ページもののウェブサイトを大量に作ります。

そして、各ウェブサイトは違う商品を扱うって方法です。

検索エンジンも今ほど発達していなかったので、
1ページしか入っていないウェブサイトだろうが、
キーワードが正しく入っていて外部リンクがついていれば、
比較的簡単に上位に表示させる事が出来ていました。

リサーチをしてみて僕も最初はそういうやり方をやろうって思ったのですが、

「それだとみんなと同じ土俵で戦うことになるな」

って直感で思ったんですね。

あの当時は「ビジネス」の勉強なんて全くしていなかったので、
本当に直感だけを頼りにしていたみたいです。

だから、僕がやったことは、とにかくみんなの1歩先を行く為の作業をしました。

例えば、みんなが1ページしかウェブサイトに記事を載せないようであれば、
僕は3ページ最低書いていました。

みんなが商品のランディングページからコピペして記事を作成していた時、
僕は独自のコメントを加えることで、差別化を図っていました。

みんなが「無料だから」という理由でブログでアフィリエイトをし続けていた時から、
僕は「リスクがあるから」という理由で、HTMLのサイトを作り始めていました。

みんなが「とにかく量産、数勝負!!」と言っていた時から、
僕は「質勝負!」だと思って、一つのブログに20記事とか入れたりしていました。
(ぶっちゃけ、今でも月に5000円とか10000円稼いでくれています)

みんなが量産したブログ同士をリンクさせる事だけしていた時に、
僕は他のSEOに強いブログ・パーツを貼り付けて、早く上位表示させていました。

という感じで、とにかく周囲よりも「一歩先」に出る事を意識していたんですよね。
でもこれって、別に僕に凄い能力があるとかじゃなくて、
単純に「他の人がやっていることを観察していた」だけだと思います。

さて、話を戻して、

では「付加価値」とは何なのか?

という事について説明します。

例えば英語教室を例にします。

もし全ての英語教室から提供されているサービスが一緒であれば、
よっぽどロケーションが外れているところを除いて、
値下げ競争が起こって、価格破壊に巻き込まれます。

だから、同じサービスを提供しようとした瞬間に価格競争に入る、
と決めているようなものです。

価格競争で勝ち抜けるのは大企業だけです。
それは、薄利でも生きていける体力があるからです。

これと同じ事を個人がやっても勝ち目はありませんし、
それなら独立起業する意味がありません。

でも、もし「付加価値」を付けることが出来れば、
値下げ競争に巻き込まれるのを避けることが出来ます。

例えば、こんな感じです。

「自分の思いを言葉にして伝えるのは、
英語でも日本語でも一緒。
だからこそ、まずは自分の心を理解しなければ、
言葉として表現することも出来ません。
アメリカで心理学を専攻した、心を理解するお手伝い専門家による
心理学英語勉強法メソッドで、
英語をマスターするだけじゃなく、
コミュニケーションも一気に向上させます!」

とか、

「英語とビジネスを同時に学んで、 夢の独立起業へ!
英語を話せるようになるだけじゃなく、
その後英語コーチとして独立起業まで出来るようなビジネスサポートも行っております。」

これだけで、値段を一気に上げられます。

ここでいう「付加価値」の基本としては、
異なる業種を組み合わせるのが大事です。

そして、英語の本質は「思いを伝えるお手伝い」なので、
思いを伝える事に関連して、他になにか提供出来るものは無いか?
と考えることが大事です。

単純にネイティブを雇用するやり方は他でもやっているし、
それだけでは全く差別化にはなりません。
あくまで、英語を上達させる為に役に立つ一つの「手段」です。

それに他の人もすぐにコピーできるものですから、
今の時代付加価値にはなりません。
(ネイティブが少ない時代にはなりましたが)

「自分には提供できる価値なんて。。。」という人も結構いるのですが、
はっきり言ってこれは単なる「思考の放棄」です。

誰にでも提供できる価値はあるんです。
ただそれを見つけていないだけ。

これはビジネスをする上での基礎中の基礎ですので、
まずは頭をフルに活用して考えてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
集客メールセミナーへの無料参加は以下の登録フォームよりお願いします。
お名前
メールアドレス
 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

Yuzuru Ishikawa(石川譲) 石川譲(ゆずる)。S56年東京都出身ニュージーランド在住。「欲しいライフスタイルがあるなら、自分で作ればいい」をモットーに、店舗ビジネス、小規模ビジネスの集客、経営のサポートを行う。サポートする経営者は、「週休3日」「1日お客さん2人まで」「競合と戦わないニッチ戦略」を中心に、家族持ちや子育て、介護で忙しい人でも自由に結果を出せるようになる為の仕組みづくりが好評。コンサルティング実績は、アロマサロン、リンパドレナージュなどの美容サロン、ボイトレ、英語、アーユルヴェーダ、などのコーチ、会計士、印刷会社、不動産ソフトウェア、文房具店などの中小企業で月間売り上げを数十万円~数百万円アップさせる。高額コンサルティングはキャンセル待ち状態。

詳しいプロフィールはこちらから
石川譲の公式フェイスブックは こちらから
石川譲の公式ツイッターは こちらから
石川譲の公式リンクトインは こちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「お金よりもプライベートな時間が欲しい」という店舗ビジネス、小規模ビジネスの方が成功する為の10日間集客メール講座

お名前
メールアドレス

石川愛用ツール