ツアー会社とアフィリエイトと理念の大切さ

この記事は4分で読めます

こんにちは。石川です。

ここのところ、毎日クライアントと打ち合わせなのですが、
今日は、クライアントが提携している会社に、
ビジネスコンサルタントとして、一緒にくっついて行ってきました。

基本は僕のクライアントと、そのツアー会社の社長が話していたのですが、
技術的な事や、今後の方向性についてアドバイス出来る事があればする、
という感じの役割でした。

このクライアントは、今はアフィリエイトサイトを作成しています。
と言っても、ASPに登録してなんちゃら、というやり方じゃなくて、
直接会社と契約を結んで、その会社の集客のお手伝いをする上で、
アフィリエイト契約を結んでいる、という感じです。

まだまだ日本でもアフィリエイトって流行ってますけど、
こうやって直接販売主のところに会いに行って、
色々な話を聞くことって、本当に重要です。

やっぱりこうやって、一対一の対話をベースにビジネスを始めると、
どういう事を販売主は知りたくて、どんな集客をしてほしいとか、
どういう部分に弱くて、こういうオファーに対しては喜んでくれるとか、
ネット上だけでは得られない「体感」を手に入れられます。

その為にも、お金になるならないに関わらず、
まずは一人とつながって、徹底的にお手伝いしてみるって事は、
いつも言いますけど、一番のトレーニングになると思いますよ。

ともあれ、実際に打ち合わせを始めると、
もう僕の出る幕はほとんどないな、というぐらい、
うちのクライアントが完璧に準備していて感動しました。

僕は、なんだかんだ元アフィリエイターなので、
アフィリエイトリンクの作り方についてとか、
集客の入り口について、いくつか質問させて頂きましたが、
それ以外は基本ずっと話を聞いている感じでした。

この方は、一度話をしただけで僕のコンサルを受けると即決してくれたのですが、
とにかく、やる!と決めてからの行動力が半端ないです。
なので、僕は彼女からの報告を聞いて、
後はそれに対しての、フィードバック+アドバイスをしています。

色々な人のお手伝いをしていると、
段々喋っているだけで

「あっ、この人は成功するな」

とか、

「うーん、この人はきっと今のままじゃ難しいな〜」

っていうのが体感で分かってきます。

で、これはあくまで僕の感覚なのですが、この方は成功すると思います。
今思っているような形かどうかは分かりませんが、
何かしらの結果が出るのは、なーんとなく分かります。

なぜなら、一つの視点からですが

「お金を得る事よりも、信用を得ることを第一義に置いているから」

です。

もちろん、お金が要らないと言っているのではありません。
手に入れば、さらにその方が実現したい未来像への投資が出来ますので、
頂けるのであれば貰います。

でもですね、そのお金も、
価値を提供した見返りとして得られるものであって、
最初から「お金目的」で動いていないのです。

じゃあ何の目的で、クライアントはアフィリエイト契約を結んだのかというと、

「彼女の理念、理想の世界を体現するため」

に、アフィリエイトが役に立つと思って行動しているのです。

彼女の理念の中には「環境」「ハイスタンダード」という言葉があります。
つまり、彼女は環境に対しての意識がとても高くて、
提供するコンテンツを作るのに取り組む姿勢も、徹底しています。

この理念が決まると、それが行動規範になるので、
取り組むことに迷う事が少なくなるのです。

つまり、

・誰と一緒にビジネスを行うか?
・どういう会社のアフィリエイトを手伝うか?
・どの会社にお金を流すか?
・どういうツアー会社とは一緒に働きたくないか?
・どういうビジネスには関わり合いたくないか?

のような部分が、自然と見えてくるのです。

例えばこのクライアントの場合は、

・環境保護に対して意識が高い会社
・お金の循環を意識している会社
・お金よりも理念を大切にしている会社
・質の良いサービスを提供している会社

などとは一緒に仕事をしたいと思っていますが、
逆に、

・とにかくお金さえ稼げればいいと考えている会社
・お金の行き先について曖昧な会社
・お金の循環を考えていない会社
・理念の無いビジネス
・質の悪いサービスを提供している会社
・お客さんに対してのケアが悪い会社

等は、いくらお金を積まれても仕事はしないのです。
なぜなら、それは彼女の理念に反する、
彼女自身の生き方に反するからです。

僕も一緒に働く人、手掛ける案件は見極めますが、
その時に、こういう事を考えたりしています。

その商品(サービス)が、

「人間を強くするのか、弱くするのか」

「善くするするのか、悪くするのか」

「賢くするのか、愚かにするのか」

他にも比較・検証の尺度はあるのですが、
上記の3つの事に関しては、特に意識しているところです。

なぜならば、僕自身がこの3つを意識せずにビジネスを展開してきて、
本当に痛い目に合ってきたからです。
その結果、上記の基準が「人生の教訓」として刻まれているのです。

僕が参入したビジネスで、失敗したものを振り返って見てみると、
上記の3つのうち、絶対にどれかが当てはまっています。

これって言い方を変えると、
潜在的欲求を満たしていないビジネスなんです。

僕の他の記事を読んでいない人の為に、
簡単に「潜在的欲求」について説明すると、
要は、自分の人生を豊かにしたいという、誰しもが持っている欲求の事で、
もし商品やサービスが、

「人間を愚かにする」

「人間を悪にする」

「人間を弱くする」

のであれば、確実にその欲求は満たされないのです。

しかしなぜ、あまり社会に価値を貢献しないような、
商品やサービスが売れるのかと言えば、

「顕在的欲求は満たされると思わせられるから」

なのです。

簡単に分かる例であれば、「お金が欲しい」という欲求は、
まさに「顕在的欲求」の象徴です。
お金が欲しいと思うことが悪いとは言いませんが、
お金に「ゾッコン」になってしまうと、周りが見えなくなります。

だから、その「ゾッコン」という状態に入ってしまうと、
見てみないふりをしてしまうのです。

しかし、本当の心の奥底では、

「人間を愚かにする」

「人間を悪にする」

「人間を弱くする」

可能性のあるサービスだろうと分かっているのですが、
「顕在的欲求」を満たす事で得られる「満足感」への欲求が強すぎて、
あまり言葉にそそのかされてしまいます。

例えば、自分は何もしないでも稼げる自動現金製造機システムとか、
1ヶ月以内に50万円以上の継続収入が手に入るコーチングメソッドとか、
PCが使えないトラック運転手でも、スマホだけで月40万円稼げる方法とか、
知識が全くいらない100%勝てるFX手法とか、
お金を預けるだけで年利100%以上稼げるスキーム等、、、

上記の例えは、勝手に僕が考えたものですが、
こういう、ビジネスの定義的にあり得ない話に
つい引き込まれてしまうんですね。。。

じゃあ、こういう悪魔の声に付いて行かないようにするにはどうしたらいいか?

これは、とてもシンプルで、

「自分のパラダイムを変える」

という事です。

つまり、「自分の行動規範となる思想を取り替える」のです。

ここで今日の最初に取り上げた僕のクライアントの話に戻りますが、
彼女の場合は、そういう甘いお話があったとしても、
彼女の理念に沿わないので、ほぼ99%誘いに乗らないのです。

僕の場合は、さんざん痛い目にあって、人に騙されたりして、
自分の考え方の間違いを体験したので、
そういう楽して稼げる話には興味が無くなったのです。
(じゃなければ、こういうコンサルティング業はしていません)

ということで、人生を豊かにする為にはどうしたらいいか?
つまり、「人間の本当の意味での幸せ」を第一義にする、
という哲学を持ってビジネスを行えば、自然と騙されにくくなる、
という事です。

どうしても稼げていない時は、
テクニックに走ってしまいがちになりますが、
実はその奥にある「思想(パラダイム)」を変えることの方が、
長期的には重要だ、という事ですね。

この「パラダイムを変える」というのは簡単では無いのですが、
やることとしてはとてもシンプルです。

それでは、ありがとうございました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

Yuzuru Ishikawa(石川譲) 石川譲(ゆずる)。S56年東京都出身ニュージーランド在住。「欲しいライフスタイルがあるなら、自分で作ればいい」をモットーに、店舗ビジネス、小規模ビジネスの集客、経営のサポートを行う。サポートする経営者は、「週休3日」「1日お客さん2人まで」「競合と戦わないニッチ戦略」を中心に、家族持ちや子育て、介護で忙しい人でも自由に結果を出せるようになる為の仕組みづくりが好評。コンサルティング実績は、アロマサロン、リンパドレナージュなどの美容サロン、ボイトレ、英語、アーユルヴェーダ、などのコーチ、会計士、印刷会社、不動産ソフトウェア、文房具店などの中小企業で月間売り上げを数十万円~数百万円アップさせる。高額コンサルティングはキャンセル待ち状態。

詳しいプロフィールはこちらから
石川譲の公式フェイスブックは こちらから
石川譲の公式ツイッターは こちらから
石川譲の公式リンクトインは こちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

自社の歩み、ビジネスパートナーとしての活動、経営者としての気づきを呟いているグループ

石川愛用ツール