無料のものに手を抜かないで成功している事例

この記事は4分で読めます

ビジネスを上手くいかせるためには「無料の物に手を抜かない」事が大事です。

これはコーチングビジネスであれ、店舗ビジネスであれ、はほとんどが無料のもので出来ていて、どれだけ「価値を前貸し」するかが大事になります。

コーチやコンサルタントだと、僕が書いているようなブログのコンテンツや無料で提供しているメール講座、店舗やレストランだと待合室に置いてある家具や、お客さんに出すお茶や紅茶、水とかになります。

そして、前貸しした分だけ、何らかの形として循環してきます。

例えば、お金、知識、人脈、出会い、智慧、スキル、才能等、価値が何に変換されるかは、時と場合によります。

それだけにとどまらず、無料のものを提供して価値を前貸しすると、場の価値が自然と上昇します。

場の価値が上がるとどういう気持になるかと言うと、価値が上がった場所にいるひとはそのエネルギーを感じ、心地よさややる気が漲ります。

ちなみに場所というのは、物理世界を超えます。だから、こういったブログとかメルマガ、メール講座等にも存在します。

その結果、何かしらの形として還ってくるという事です。

ただ、こういう事を知らないで、有料の物ばかりに力を入れる人が多いんですね。

 

今日は、一ついい事例を見たので紹介します。

私の義理の兄が足つぼマッサージ機を販売しています。結構高くて、一台35万円します。

価格自体を見ると高く見えますが、マッサージ系機械の中では安い方で、逆に安すぎて怪しく見られる方もいるんだとか。

結構仲の良い義理の兄なのですが、ビジネス的に興味があったのでお店にお邪魔させて頂きました。

場所は大阪の我孫子。別にお金持ちが集まっている場所ではありません。

そこに店舗を構えているんですね。

 

義理の兄が順調に売上を伸ばしているそうで、あわよくは売れる場面を見れるかな?とちょっと期待していました。

行ってみると、ところがどっこい、小さい店舗に2列椅子が並んでいて、だいたい15人ほどのお客さんがいるじゃないですか。

その光景にも驚いたのですが、その後にお客さん同士が話していた言葉でこのビジネスの仕組が全て理解できました。

「また明日もよろしく~」

「はい、また明日もおまちしておりますー。」

 

もうお分かりかと思いますが、無料で足つぼマッサージ機を開放しているんです。

だから、毎日通う人もいるんです。その結果、お店が

「憩いの場所」

と化しているのです。

まさに、オフラインのコミュニティーです。

先程話した事も実践していますよね。無料で提供する価値を全く落としていません。同じ機会で足つぼマッサージ受けられるのです。

まさに「価値の前貸し」です。

 

他にもビジネスを上手くいかせる上で重要な事をしていました。

足つぼマッサージって30分ぐらい受けられます。ですが、その間って暇なんです。足を足つぼマッサージ機に乗っけるだけです。

はい、勘の言い方はわかると思いますが、この30分の間に、教育コンテンツを提供するのです。

悪い言い方をすれば「洗脳」ですね。ま、正しい洗脳と言えばいいでしょうか笑

 

例えば、基礎体温の話をしていました。

「基礎体温が上がると風邪はひきにくいんですよ。だから、基礎体温を上げるといいんですけど、その為には運動とか筋力トレーニングが必要なんですね。

でも、足腰が悪いとやりたくても出来ない。そういう時にこの足つぼマッサージ機の出番って事です。単に足つぼをマッサージするんじゃなくて、この機械のポイントは「筋肉を刺激する」ってところです。

筋肉が刺激されて、実際にこれだけ基礎体温が上がった結果も出ていて、これならお年寄りでも出来るじゃないですか。」

みたいな感じです。

 

というところで

「この足つぼマッサージ機いかがですか?」

とは行かないところが、また上手いな、と思いました。

なんと、販売日は基本1ヶ月に1回です。もちろん、買いたい人はいつでも買えますが、基本は1ヶ月に一回、販売日というのを設けているそうです。

だいたい1週間毎日受ける人は、ほとんど購入するそうです。けれど、奥さん一人で決断出来る金額ではありません。

バツイチの看護師の主婦が来た時はサクッと買われたそうですが、ほとんどの人は35万円さくっと払えません。

はやり旦那さんの許可を得ないといけないわけです。

だから、販売日までに説得に掛かるそうです。僕の義理の兄じゃなくて、もちろん奥さんがです。ただ、たまに旦那さんを連れてきて、

「ぜひこの人にも体験させて上げて下さいよ~。いくら行っても信じてくれないんで。」

というケースもあるそうです。

そういう時も説得はせずに、ただ体験させる。まさに「添えるだけセールス」です。これって、お客さんから全くエネルギーを奪おうとしないって事です。

でも、しっかりと買われるそうです。もちろん月に売れる台数は少ないですけど、だいたいの数字の検討はつきます。今大阪で8店舗まで拡大しました。

 

このビジネスは、成功するビジネスに必要な重要なポイントを抑えています。

・無料の物に手を抜かない(マッサージ機が置いてある場所)
・口コミが広まる仕組み(憩いの場)
・添えるだけセールス(売り込まない)
・教育コンテンツ(基礎体温)
・信頼(僕の義理のおじさん)

最後の信頼ってところ、実はむちゃくちゃ重要です。

・質の良い足つぼマッサージ機って事は分かる
・実際に体験してみて、魅力は伝わって

それでも買わないって事があるわけです。その証拠に、同じだけの見込み客が入るにも関わらず、売れる台数が違うわけです。

 

じゃあ何が違うのか?それは、

「売る人が信頼されているか?」

という部分です。

いくら質が良くても、魅力が伝わっていても、販売者が信頼できないからという理由で買わないのです。

逆に言えば、信頼されていれば、他のものでも買ってもらえる、という事です。これを僕の義理の兄は体現しています。

先程大阪に8店舗あると言いましたが、4店舗ほどの新規立ち上げに関わったそうです。売上が安定したらそこから移っているそうです。新規開拓って大変なので、力は相当あると思います。

 

これは足つぼマッサージ機に限った話ではありません。どんなビジネスでも、この要素は満たす必要があります。自分のビジネスに当てはめて考えて見て下さい。

特にビジネスが上手く行ってない場合は、この3つ、

1,質が良い商品(サービス)を提供しているか?
2,商品(サービス)の魅力は伝わっているか?
3,信頼されているか?

を振り返ってみると、答えが転がっています。

 

ちなみに、次の人との約束があって、店舗に滞在できた時間は15分ほどでした笑

教えて貰った住所をスマホに入力していたのに、なぜか間違った住所が入っていたみたいで。。。

一つの通りを挟んでウロウロしていたみたいで、到着した時には

「えー、さっきまであそこ30分ほど歩いていたし!」

と一瞬思いかけましたが、そう考えると「時間無駄にしたー」とマイナスな感情に支配されます。

そうなると、気持ちが下がって視座が下がります。

でも、守られましたね。そんなネガティブな感情が沸き起こる前に、お店が見込み客で一杯になっている様子を目にできたのです。自分の気持が「ギュン!」と上がったのを感じました。

本当は自分も足つぼマッサージ受けたかったのですが、さすがにその時間は無く。ただ、実際に見込み客で埋まっていたので、結局時間が合っても座れませんでした。

ですが、この15分で学んだ事は多かったです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
集客メールセミナーへの無料参加は以下の登録フォームよりお願いします。
お名前
メールアドレス
 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

Yuzuru Ishikawa(石川譲)   Yuzuru Ishikawa(石川譲)

    プロフィールはこちらから

石川譲の公式フェイスブックは こちらから
石川譲の公式ツイッターは こちらから
石川譲の公式リンクトインは こちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

高単価で選ばれ続ける為のメールセミナーに無料で参加

お名前
メールアドレス

石川愛用ツール