信用度を可視化させる2つの尺度

この記事は2分で読めます

僕らが新しい商品とかサービスを買う時に1番重要なのが「信用度」だと僕は思っていて、その信用度ってのを図る基準として色々あるわけですよ。

例えば、アウトソーシングサービスとかで、どの人に仕事手伝ってもらうか?って考えた時に、やっぱり基準にするのが

・レビュー数
・やり取りした人数

とかじゃないですか。どれだけ仕事キッチリできるか?どれだけの仕事を今までにこなしてきて、それに対しての評価もそこそこいい人ってのを選びたいわけですよ。

これはこれで合っているとは思うんですけど、でもそうなると新しく参入した人って、結構キツイじゃないですか、特に最初は。

もちろん、忍耐し続けて、ずーっと地道にサービス提供し続ければ、次第に貯まっていくんですけど、途中で挫折しちゃう人も結構いるんじゃないかなーって僕は思っていて。

まあそれはそれで、「その程度の情熱しか無かったんじゃね?そこで耐えられないぐらいの決意何だったら、どっちにしても遅かれ早かれやられてたでしょ。」っていう論理も一理あると思うんですけど、でも、その尺度だけじゃない、例えば、

・やり取りの深さ

とかも僕は信用する上で重要な尺度になりえると思っているんですよね。

僕なんか約2年弱前に日本に改めて参入したんで、そっからある程度のスピードで這い上がっていく為には、さすがにレビュー数とかやり取りした人数で勝負なんて出来ないじゃないですか?

しかも、ある程度数が貯まってきた頃にはまたビジネスがものすごいスピードで変化しているんで、もうその頃にはその信用度の尺度として使われていた物があまり役に立たないなんて事にもなりえない(ま、おそらく数値化出来る物に関して言えば、ずーっと効果はあると思いますけど)

って事を考えた時に、僕自身も「やり取りの深さ」を表に出して、自分の信用度を上げたいなって思ったんですね。

基本的にやり取りの深さって、やり取りしている人と僕の中では常にその尺度ってのは存在していて、それを基準にコンサル申し込もうかどうかとか、そういうの決めるわけですよ。

で、実際に僕のコンサルにも、その「やり取りの深さ」のみで、信用度を可視化出来る数値無しで、50万円のコンサルティングに申し込んでくれた人が3人も出てきてくれたわけですから。

ココナラ使って150万円稼いだ方法を教えます 3人のクライアントの実例も公開します。

じゃあ、どうにかして、この「やり取りの深さ」も可視化出来ないかな?って思って、思いついたのが「やり取りを全て公開する」ってことでした。

今の段階ではそれを数値として可視化する方法が僕には思いつかない。だから、全部会話を出しちゃおうと。

でも、結構プライベートな事も書いてるんで、それ思いついてから実際にトークルームで話した人に許可貰おうと連絡したら、10秒経たずにFBメッセンジャーで連絡が返ってきました。

ということで、個人名とか画像は伏せて、全て公開しますね。スクリーンショット全部でなんと42枚笑

こんだけのやり取りしたんだぞ、っていう単なる自慢です笑

ではではどうぞ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
集客メールセミナーへの無料参加は以下の登録フォームよりお願いします。
お名前
メールアドレス
 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

Yuzuru Ishikawa(石川譲)   Yuzuru Ishikawa(石川譲)

    プロフィールはこちらから

石川譲の公式フェイスブックは こちらから
石川譲の公式ツイッターは こちらから
石川譲の公式リンクトインは こちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

高単価で選ばれ続ける為のメールセミナーに無料で参加

お名前
メールアドレス

石川愛用ツール