人と繋がりを感じ続けたい

この記事は2分で読めます

今日は久しぶりに自宅のオフィスでゆっくり仕事できそうです。

でも、ちょっと寒いかな−って思ったんで、ラウンジのヒーター付けたら、

「えっ、全然寒くなくない?」

って奥さんに言われたんで、

「いやいや、プロは環境を整えるのも仕事なんだって!」

って反論したら、

「またどっかの誰かの影響受けてきて笑けるねー」

って軽くさばかれました笑

ま、めずらしいことじゃないんですけどね。
確かに寒がりなんで。

いや、でも今回は別に影響受けたからじゃないですよ。

環境整えんの大事じゃね?って本気で思ってるんですけど、まーでも、たしかに影響受けやすいってのは当たってます笑

ところで今はちょうどラウンジに座ってこのメール書いてるんですけど、ふとある記事読んで思った事があるので、こういう事呟いてました。

どれぐらいの人が

「自分はこういう事達成する為に命を捧げる!」

みたいにフォーカス出来てんのかな−って。

僕は今ではできてるって言えるんですけど、と言っても、まだ具体的なビジョンは描けてないのですが、それでも「こういう感情を抱きたい」っていう思いはあるんです。

でも、かれこれ今年で36年生きてきて、去年ぐらいまでは本当にそれが見えなくて、でも、見えない自分をさらけ出すのが恥ずかしくてできなくて、なんかテキトウな事言ってたな−って思いました。

とってつけたような理由つけて、あたかも

「俺って崇高な理想があって凄くね?」

みたいに思われたくて、本当に心の底から達成したいことでも無いのに、あたかもそういう事思っているかのように見せびらかしてたなーと。

まあ、完全にダサいやつやってました。

でも、行動見ている人からすれば、俺がどこまで本気だったのかぐらい分かっていたでしょう。

自分だけですよ、それが分かっていなかったのは苦笑

まあダサすぎてしにそうなのですが、隠しても仕方ないので、全てさらけ出しますよ。

ちなみに、これ書いていて改めて

「自分は人生を通して何を達成したいのか?」

について振り返る機会になったので考えていたんですけど、まずやりたい事は、

「人との繋がりを感じていたい」

って事です。

繋がりって一度作れたら永遠にそのままってわけじゃなくて、一度作れても壊れる事もあるし、その理由は、自分が相手との繋がりを感じれなくなるのが原因だと思ってます。

もちろん、相手がどういう行動してくるかによって、

「えー、お前そんな行動すんのかよ、まじうぜー」

って思った時に、サクッと繋がりを感じれなくなってしまう事もあるでしょうし。

でも、ボク個人としては、ほんっと冷たい人が増えてんな−って感じる一方、みんなメッチャ寂しがってんな−、ってのも感じるんで、そういう意味で、僕自身ができる限り多くの人と繋がりを感じる中で、より多くの人との縁を結びたいなーって思う気持ちは強くあります。

でも、その繋がりにも2種類あって、「広さ」と「深さ」があると思っていて、広さはどっちかと言えば「数字」で、深さは、うーん図る基準が無いかな−、今のところは。

例で言えば、広さはSNSアカウントのフォロワーとか、自分の友だちの数とか。

要は、数値化して見えるものかな。

それが「信用」として使われているのが今の世の中で、その信用を担保として、仕事貰えたりするわけじゃん。

でも深さってどうやって数値化出来んのかな?

例えば、Twitterとかでもフォロワー数少なくても、実は一人ひとりとの関係がメッチャ濃い人とか、でも今の社会では、広さが重視されがちだよねー。

というのは、やっぱり「数値化」できているからかな−。

どっちも大事だとは思うんだけど、ちょっと深さに値する数値って何があんのか思いつかない。

もし考えがあれば教えてください。

最後は自問自答して完全に独り言になってますけど、そして、マックの目の前でベラベラ1人で喋りながら書いてて、目の前を義理の母が知らぬ顔して通っているんですが、まあ絶対に怪しいですよね笑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
集客メールセミナーへの無料参加は以下の登録フォームよりお願いします。
お名前
メールアドレス
 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

Yuzuru Ishikawa(石川譲)   Yuzuru Ishikawa(石川譲)

    プロフィールはこちらから

石川譲の公式フェイスブックは こちらから
石川譲の公式ツイッターは こちらから
石川譲の公式リンクトインは こちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

高単価で選ばれ続ける為のメールセミナーに無料で参加

お名前
メールアドレス

石川愛用ツール