思考停止と満足感の危険性

この記事は4分で読めます

こんにちは。石川です。

先日「場」を作る事が大事です、という僕からのアドバイスに対して
こういうメッセージを頂きました。

この方からのメッセージなのですが、多少改変して載せています。

ーーーーー
石川さんの解釈で合っています。
わかりづらい文章ですみません。。

場を作る。ですね。
正直、場を作るお金もないという根本的な問題もあるので、
お金の確保から始めなければですね…

あと、そういう場をどのような形にするかとかも考えなければですよね。

飲み物くらいは提供したほうがいいと思うので、
それは飲食店として立ち上げないといけないのかとか、
まだまだわからないこと、考えることがたくさんです。

助成金を受けるなどの選択肢もありますよね。

お忙しい石川さんの時間を、独り占め出来るほど、
まだまだ自分の考えやしたいことなどが明確ではないので、
もう少し練ってから、スカイプセッションを受けさせていただきたいです。

私なんかにも、真正面からしっかりと向き合っていただけて、とても嬉しいです。
ーーーーー

ここで僕が一つ気になったのが、

ーーーーー
正直、場を作るお金もないという根本的な問題もあるので、
お金の確保から始めなければですね…
ーーーーー

というコメントでした。

僕の読者さんは、既に僕の過去のコンテンツを読まれていると思うので、
「場」を作るのにお金が掛かる、という常識は当てはまらない、
という事がお分かりになりますよね?

お金が無い時って「お金があれば解決するのに。。。」と思っていて、
いざお金が手に入ると、「よし、お金を使って解決しよう」
と思い、そのまま行動に移すわけです。

その行動自体、別に悪いことではないですし、
僕自身もお金を利用して、問題を解決している事がたくさんあります。

例えば、広告なんかは、お金が無ければ出せないので、
お金を使って広告を出しているわけです。

ただしこの考え方は、
一つの固定概念になってしまいがちだな、とも思います。

つまり、お金があると

「お金を使えば解決する」

って思うから、すぐにお金を使ってしまいます。

でも、

「お金をいかに使わないで問題を解決するか?」

という考え方も同じくらい重要なのかな、と思うわけです。

お客さんの得たい結果に直結しているのであれば、
お金を使おうが使わまいが関係ないわけです。

そして、お金を使えるけど使わないで解決できる方法はないか?
って考えてみると、意外と思わぬ知恵が出てきたりして驚きます。

けっきょく何を言いたいかって言うと、

「思考停止するな」

って事です。

これは、お金がある人も、お金がない人という「お金」に関してもですし、
「アイデア」「商品」「お客さん」「集客方法」「コミュニティ」も一緒です。

・お金が無いから広告出せない
・お金が無いから、ビジネス始められない
・お金があるから、商品作れる
・お金があるから、不動産買える
・お金が無いからビジネス講座を受けられない
・アイデアが無いからビジネスが出来ない
・商品が無いからビジネスが出来ない
・理念、世界観が無いからブランディングが出来ない

これって別に不自然では無いのですが、
この答えが絶対であると信じてしまって、
考えることを忘れてしまうと、とても勿体無い気がします。

だから、こういう風に考えるのが大事です。

・お金が無いから、広告出せないの?
・お金が無いから、ビジネス始められないの?
・お金が無くても、商品作れないの?
・お金が無くても、不動産って買えないの?
・お金が無いから、ビジネス講座を受けられないの?
・アイデアが無いから、ビジネスが出来ないの?
・商品が無いから、ビジネスが出来ないの?
・理念、世界観が無いから、ブランディングが出来ないの?

一見不可能そうに見える挑戦でも、先ほども言いましたが、
お客さん、もしくは自分の得たい結果に直結しているならば、
それが有料だろうがタダだろうが考えないわけです。

上記の質問に対しても、僕は答えがいくつも出てきますが、
皆さんはいかがでしょうか?

つまり、方法はいろいろあるのです。

だから、方法に固執するのではなく、
潜在的な悩みの解決、欲求を満たすことにフォーカスしましょう。
(いつも言っている、潜在的欲求の事です)

そうすれば、SEOの方がいいとか、
PPCの方がいいとかで、FBの方がいい、アメブロの方が楽等、
迷う必要はなくなるわけです。

もちろん、好き嫌いはあるとは思いますし、
業種に応じて適切な集客媒体とかもあるのは事実です。
(実際に自分も実験しているので分かります)

ですが、その感情にだけ執着してしまうと、
固定概念がさらに固くなってしまって、
新しいアイデアを見逃してしまいます。

今の時代、とても早いスピードでビジネスは動いているので、
いいところは取り入れるという姿勢が無いと、
一気に置いて行かれてしまいます。

ところで、特に今の時代に成功するためには、
波乗りの感覚を意識すると良いです。
つまり、いい波が来た瞬間に乗る、という事です。

これが昔は山登りでした。
だから、目的を目指してしっかり準備を整えて、
一歩一歩ゆっくり頂上目指して歩んでいけばよかったのですが、
今は時代のスピードが極端に早くなっているので、
ゆっくり登っている間に、目の前の山が消えてしまいます苦笑

ということで、自分の考え、常識に固執せずに、
ドンドン新しい、いいアイデアを取り入れましょう。

最近特に僕がしているのは、「無料でスカイプセッション」です。
もちろん、クライアントのように、同じ人と定期的にすることはありませんが、
業種にこだわらずにとにかく話すようにしています。

しかも、3時間とか4時間、人によっては6時間とかもあります。
これを知り合いの起業家の人に話した時があるのですが、

「勿体無い!そんなの無料じゃなくて有料でやるべきでしょ!」

って言われたのですが、僕はそんな事全く思いません。

なぜなら、そうやって様々な業種の方と話をすることで、
普通に生きていれば得られないような「専門知識」を身につけられるのです。

実はこのやり方が、自分の能力を開発するのに一番効率がいいのです。
なぜなら、お互いが長所を活かしあって、価値を提供しあっているからです。
で、そこにお金が絡んでいったりもするわけです。

ともあれ、僕自身も気をつけている事ですが、
自分はビジネスの経験があるから、経験がない人の意見は聞かないとか、
そういうのはめちゃくちゃ勿体無いです。

もちろん、本人はそういうつもりは無いんでしょうけど、
どうしても人間って、自分の方が上で相手が下だと判断してしまった瞬間に、
心の扉を閉じてしまう傾向にあります。

これが「傲慢」ってやつですね。

だから、ビジネスが上手く行くほど、
傲慢になりやすい傾向があるという事を自覚して、
話を聞くことが大事ですね。

ちなみに、自信とは違います。
本当の意味で自信がある人ほど、話をよく聞きます。

自信が無い人ほど、個人や団体で大きな事を達成できた時に、
「自分が凄いから達成できた!」と思ってしまいがちです。
これは「満足感」を満たしている事になります。

ですが、これがまさに、傲慢の種を育てている状況です。
じゃあここでどうすれば良いのかと言うと、

「満足感の代わりに感謝をする」

事です。どういう事かと言えば、

「○○という挑戦を達成できたお陰で、○○というスキルを身につける事ができた。
この挑戦をくれた○○に感謝だ!」

という感じで、何かしらの物や人(外的なこと)に感謝をすることで、
満足感を通して、エネルギーを逃がしてしまう事を防ぐ事が出来ます。

多くの人が何かを達成する度に、その時に得られたエネルギー(お金、人脈、物、信頼)を
「満足感」に変えてそこで「消費」してしまうのです。

じゃなくて、そこで得られたエネルギーは、
感謝をすることで、貰った以上のエネルギーにすることも出来るので、
ぜひ試して欲しいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
集客メールセミナーへの無料参加は以下の登録フォームよりお願いします。
お名前
メールアドレス
 

関連記事

  1. 2017 10.25

    超地道な作業

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

Yuzuru Ishikawa(石川譲)   Yuzuru Ishikawa(石川譲)

    プロフィールはこちらから

石川譲の公式フェイスブックは こちらから
石川譲の公式ツイッターは こちらから
石川譲の公式リンクトインは こちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

高単価で選ばれ続ける為のメールセミナーに無料で参加

お名前
メールアドレス

石川愛用ツール